エナメル加工のルイ・ヴィトンのヴェルニーに魅力

ルイ・ヴィトンの中でもエナメル加工のヴェルニー

常に新しい革製品を送り出してきているルイ・ヴィトンは、創業者であるルイ・ヴィトンが革のカバン職人だったことからスタートしています。
だからこそ、現在に至るまで、多くの商品が皮革製品となっているのです。
それが最近になり、革製品に混じって、エナメル加工されている商品が増えてきました。
モノグラム・ヴェルニーラインが主な種類で、革製品とは、違った趣があるラインとなっているのです。
ただし、ヴェルニーの外側はエナメル加工ですが、内側はしっかりとした皮革で出来ています。
そういった面からも、これもまた革製品のひとつの形であるといっていいでしょう。

若者志向であることの魅力

ルイ・ヴィトンのカラーイメージは、茶褐色や茶色の生地といったところになるでしょう。
落ち着いたイメージがありますが、モノグラムやダミエの影響のはずです。
ところが、カラフルな色使いのエピが1985年に発表され、かなり変化してきました。
若年層が好むようなカラフルな色合いが増えていったのです。
これも世の中の流れですが、その中でヴェルニーラインも誕生しました。
モノグラムやダミエといえば、どんな服装でも合うイメージがありますが、エナメル加工で光沢のあるヴェルニは何でもいいというわけにはいかないでしょう。
それでも、このカラフルで光沢のあるヴェルニーは、若い女性から大いなる支持を受けることになって行くのです。
今では欠かせないものとなったといっていいでしょう。

ヴェルニーの表面を見ると、実はモノグラムの柄が型押しされていることがわかります。
これが、モノグラムの派生ラインである証拠です。
ただし、プリントではなく型押しと言うところが大きな違いであり、魅力の一つになっているといえるでしょう。

撥水性の高さと見た目の問題を考慮する

エナメル加工してあるヴェルニーラインですので、撥水性が高く普段使いにも困りません。
革製品の場合、どうしても水分に弱い特性を持っていますが、ヴェルニーなら心配はいりません。
もちろん、ルイ・ヴィトンですので、頑丈で簡単には壊れませんし、長持ちさせることもできます。
光沢があるおかげで、どうしても安っぽく見えてしまうのは欠点でしょう。
高級というほどまで高額ではないということもありますが、そこを踏まえて手軽に使うということを考えると、不自然にもならず使っていくことができるはずです。

ルイ・ヴィトンの通販・買取りのセレブブランド

http://www.celeb-brand.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>