メンズのためにできたルイ・ヴィトンのタイガ

定番ラインからメンズを意識したラインへ

ルイ・ヴィトンには定番ラインのモノグラムやダミエがあります。
どちらかといえば地味なラインであったこともあり、カラフルな色使いのエピが1985年に誕生し発売された時には業界中に衝撃を与えたのです。
その後、ルイ・ヴィトンの本格的なメンズラインとして登場したのがタイガでした。
これが、多くの男性が待っていたラインでもあったのです。

タイガはライン自体が男性を意識して作られました。
明らかに女性向きではなく、ビジネスやフォーマルまで意識したデザインなのであり、洗練された男性といったイメージになっているといえるでしょう。

タイガの前に出ていたエピは、横に流れるような型押しが特徴で、これが風に流れる麦の穂に見えていたことから名づけられました。
グレインと呼ばれる押し型で、ツートンカラーにも見えるという、特殊な感覚が人気になったのです。
タイガにもエピ同様に、カーフを素材としてグレインが施されています。
エピとの違いはといえば、タイガはエピに比べてとても細かい模様が型押しされているところでしょう。
これがツヤ消しのような感じを与えているのです。

さりげないシックなラインがメンズ向き

タイガを使った商品ラインナップは、普段使いできるものが中心となっています。
ビジネスバッグや財布、手帳を初め旅行バッグなどもそろっているのです。
こうしたアイテム類は、メンズ向けのモノグラムやダミエではどうしても目立ってしまい、マイナスのイメージになってしまうものが多いでしょう。
これらの商品とは違うタイガのイメージは、男性らしさを出しているだけではなく、フォーマルにも使える商品展開となっているのです。
これが重要でしょう。

モノグラムやダミエは、誰が見てもすぐにルイ・ヴィトンだとわかるラインです。
それがよさでもありますが、タイガは隅にLVが一つだけ型押しされています。
このさりげなさが、男性用としては重要なものとなっているといえるでしょう。

カラーは3色に絞りこんである

タイガというと、よく見かける色がエピセアと呼ばれる深緑です。
これは、タイガの発売当初からあるカラーで定番とされています。
とても落ち着いた色合いであり、メンズ商品として長く使うことを意識して設定されたカラーなのです。
その他には、チャコールグレーに近いアルドワーズや、ダークブラウン系のグリズリを合わせて計3色の展開となっています。
特に新色のグリズリは、モノグラムやダミエに似ていたりしますが、グレイン加工になっている分だけ違いを感じることができるでしょう。

ルイ・ヴィトンの通販・買取りのセレブブランド

http://www.celeb-brand.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>