ミニの系統から進化し続けるイディール

ミニの系統を継ぐイディール

ルイ・ヴィトンといえば、最も知られているのはモノグラムであることは間違いないでしょう。
その中でも、核心的だったのが、ミニのラインでしょう。
ミニ、ミニ・ランと続き、その後継としてイディールが発表されたのです。
ミニの名前はなくなりましたが、イディールというのは、フランス語で理想の恋ということを意味しています。
非常にロマンチックな意味で、日本語として考えれば純愛といった意味も持つでしょう。
そんな思いのこもった小さなバッグになっているのです。
ミニ・ランとの共通点を考えてみると、光沢のある記事でしょう。
キャンバス地を使っていますが、カーフレザーのつやを最大限に生かした切り返しなどは、ミニランを継承しているといえるでしょう。
さらに女性らしく進化を見せたことで、最上級の出来栄えとなったのです。

地味なカラーに上品なイメージ

イディールのカラーは、大きな主張をするものではありません。
アンティーク風のセピアは、定番中の定番でしょう。
透明感が強いのがブルー系のアンクルで、ブラウン系ならチャコールのフザンがあります。
どれもパステルっぽさが残る淡いカラーになっており、上品な感じを残しているのです。
どうしても、ミニ系のいやらしさというものは、ルイ・ヴィトンには無縁のものだといっていいでしょう。

その中で、ホワイトはルイ・ヴィトンらしいカラーでしょう。
ダークブラウン系の中ではかなり珍しいもので、ミニランでもありました。
ミニの後継としてそこまで派手にならないようにしている点も重要でしょう。
かなりシックに抑えられている点が重要で、全体的に上品にまとめられているのです。

進化した素材

イディールの素材は、ミニ・ランに比べると、かなり違いが出てきています。
コットンとリネンだったミニ・ランから、コットンとナイロンのミックス素材になったのです。
これが、素材にしなやかさを与えることとなり、肩に掛けた時に、体にフィットするようになりました。
この仕上がりは大きな特徴といっていいでしょう。
重量的にも軽くなり、丈夫な素材となったことで、普段使いもできるようになったのです。
現代女性が使うことを考えると、こうした素材の変更は、大きなメリットになったといっていいでしょう。

このミニの系統は、どんどんと変化してきています。
ルイ・ヴィトンが仕掛けた定番ラインですが、もう外すことができないほど大きな存在になったといっていいでしょう。

ルイ・ヴィトンの通販・買取りのセレブブランド

http://www.celeb-brand.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>