他とは差をつけたい!そんな人にはモノグラム・アンティア

ルイ・ヴィトンの中でも希少なライン

ルイ・ヴィトンといえば、やはりモノグラムラインが中心であることは間違いありません。
日本でもよく見かけるモノグラムラインは、ルイ・ヴィトンのラインの一つでしかないということを忘れてはいけません。
特にハイエンドとなるラインが、通常のモノグラムの上に存在することを忘れてはいけないのです。
その中でも、希少な素材と特殊な技法を取り入れて作られたのが、2010年に発表されることになった、モノグラム・アンティアになります。

ギリシャ神話の花の女神の名を持つ美しさ

ルイ・ヴィトンの中でもハイエンドラインになるアンティアは、ギリシャ神話の花の女神アンティアの名前をとったラインです。
その名前に負けることのない女性のあこがれとなるように、素晴らしい素材で作られているのが特徴といっていいでしょう。
希少素材を使っていますので、見た目からしてこれまでのルイ・ヴィトンのラインとは異なります。
いかにもルイ・ヴィトンという空気は全くなく、落ち着きを見せながらも美しいデザインになっているところが大きな違いといえるでしょう。
これも人をひきつけてやまない女神を彷彿させる作りになっているのです。

ハイエンドだからこその特別感

アンティアは、かなり特別に作られたバッグだといっていいでしょう。
こだわり方が、他のラインとは明らかに異なります。
素材はラムスキンを使っており、見ただけでもその柔らかさがわかることでしょう。
それも生後1年以内の羊の皮を使っているため、数も少ない高級素材です。
さらに、職人の技術を使って、これまでにはないほどに丁寧に取り扱われており、滑らかな質感は、さらに最上級の雰囲気を出してくれています。
やわらかな雰囲気はありますが、気品あふれて感じ、明らかに違うレベルだということが伝わってくるのです。

モノグラムラインと名がついていますが、すべて刺繍です、
ラムスキンに対して刺繍をするというのは、ルイ・ヴィトンでは見たことのない技術といってもいいでしょう。
これも独自の特殊技術を使っており、他にはない仕上がりになっているのです。

当然のことですが、価格帯も全く異なります。
こだわりぬいたラインですので、最高のランクに位置しているといっていいでしょう。
それだけに、量産ができるものでもなく、流通量は希少で、本当に数が少なくなっています。

ルイ・ヴィトンは、日本ならどこでも見かけるという人は、このアンティアを手にしてみるといいでしょう。
周りと差がつくこと間違いありません。

ルイ・ヴィトンの通販・買取りのセレブブランド

http://www.celeb-brand.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>