ルイ・ヴィトンの改革として生まれてきたヴェルニ

大ヒットから定番へ

ルイ・ヴィトンには、さまざまなラインが生まれてきましたが、ディレクターの手腕ということがはっきり出てくるブランドともいわれています。
そんなルイ・ヴィトンが1998年に送り出してきたのがヴェルニであり、天才ともいわれているマーク・ジェイコブスがディレクターに就任した時に発表されました。
デビュー作でもあるヴェルニは、フランス語でエナメルという意味があります。
名前通りのカーフスキンをベースにしながら、エナメル加工を施してあるから名づけられました。
とても艶のある外観は、これまでのルイ・ヴィトンでは見ることができなかったほどオリジナリティ溢れるもので、鮮やかで前衛的なカラーリングとともに高い注目を集めたのです。
すぐに大ヒットにつながり、ルイ・ヴィトンの定番ラインとなるのにも時間はかかりませんでした。

モノグラムをベースにしながらも前面に出した刺激

このヴェルニを見てみると、実はモノグラムがベースになっていることがわかります。
それがルイ・ヴィトンをイメージさせるわけですが、正式な名称としてはモノグラム・ヴェルニとなるのです。
鮮やかではあるものの、強烈ともいえるビビットなカラーリングがヴェルニの特徴でもありますが、これは初めての試みではありません。
エピも有名なルイ・ヴィトンのラインですが、こちらの方が先に取り入れて人気になったといってもいいでしょう。
それだけ、ルイ・ヴィトンは定番化されたカラーが中心となってきており、刺激が必要になっていた時期であるともいえるのです。

ルイ・ヴィトンが必要とした改革

ヴェルニをみてみると、他のラインに比べて非常にゴージャスだと思うことでしょう。
今までの伝統的なラインを否定するかのように君臨する姿を受け入れないという人も多いのです。
その反面で、改革ということを求めていたルイ・ヴィトン好きには、ファッショナブルだということで人気になっていきます。

この時期のルイ・ヴィトンを見てみると、企業としても円熟しており、成長していくためには、どこかで刺激が必要だったともいえるでしょう。
そこに現れたのが、天才といえるほどの才能あふれたマーク・ジェイコブスだったといえます。
伝統的なラインやデザインを維持しつつも、改革という名前のもとで、新たなルイ・ヴィトンを生み出していくのです。
その象徴ともいえる存在が、今まで見ることのなかったエナメル加工で鮮やかなヴェルニだったといえるでしょう。

ルイ・ヴィトンの通販・買取りのセレブブランド

http://www.celeb-brand.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>