世界的巨大グループの中枢を担うルイ・ヴィトンの力

巨大企業のルイ・ヴィトン

ルイ・ヴィトンといえば、日本人ならだれしもが知っているブランドでしょう。
世界的に見てもトップのファッションブランドであることは間違いありません。
モノグラムは、人ごみをみていれば確実に目にすることになるはずです。
その名前やデザイン方法、歴史なども知らなくても、ルイ・ヴィトンの名前とともに焼き付いていることでしょう。

ルイ・ヴィトンは、今では正確に言うとモエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトンというグループ化をしています。
LVMHと略されることがありますが、その中核企業がルイ・ヴィトンなのです。
LVMHには、フェンディやセリーヌ、マーク・ジェイコブス、ディオールやブルガリも傘下に収めており、タグ・ホイヤーやウブロなどの時計メーカー、モエ・エ・シャンドンやドン・ペリニヨンという世界でも名が知られたワインブランドも収めています。
巨大なファッショングループという枠を超えた、複合グループになっているのです。
増減は当然あるとしても、年商1000億円は確実に超えてくる巨大企業であり、他のブランドと比較しても、倍以上の売り上げを持っていたりします。
それぐらい、圧倒的なシェアを持っているラグジュアリーブランドであるといえるでしょう。

独特のマーケティング戦略

ルイ・ヴィトンは、LVMHの名前にも使われている中核企業ですが、マーケティングに優れたブランドとして知られています。
とことんまでこだわった作品を作り上げ、絶対的な品質を維持するためにどうするのかということを考えてモノづくりをしているのです。

価格は決して安くありません。
ですが、ブランドイメージは、ある程度の価格がなければ維持することはできず、価値から相対的に価格を出すという方法をとっているのです。
シンプルな考え方ですが、バランスがとれているからこそ、人気が伴うといっていいでしょう。

流通という面では、限られた空間だけで販売しています。
安易な安売りをさせないことで、信頼感を高めているのです。
これがステータスということにもつながるのですから、流通を支配することは大きな意味があるといっていいでしょう。

ルイ・ヴィトンのプロモーションと成功

商品プロモーションとしても、ひとつ先を見ています。
ルイ・ヴィトンにCMというものはありません。
テレビにはない代わりに、雑誌や新聞には広告があるのです。
そこに映し出されているのは、ルイ・ヴィトンの商品ではなく、あくまでもイメージを構築するだけの洗練されたものだということがポイントといえます。

こうしたイメージを作りだし、あこがれの存在とすることで、ルイ・ヴィトンは成功して行ったといっていいでしょう。

ルイ・ヴィトンの通販・買取りのセレブブランド

http://www.celeb-brand.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>