偽物との戦いを続けるルイ・ヴィトン

ブランドイメージを重視するルイ・ヴィトン

ルイ・ヴィトンといえば、日本ではブランドとしてかなり高い位置にあると考える人が大半です。
こうしたブランドイメージは、ルイ・ヴィトンが作り上げてきた大事なイメージだといえるでしょう。
日々努力をするだけではなく、どうしたら向上できるのかということを研究し、強化してきているからこそ、こうしたイメージを持つことができるのです。

偽物との戦い

ルイ・ヴィトンのブランドイメージ構築ということでは、偽物との戦いということがあります。
日本でも多くの偽物を見かけたりしますが、常に戦いの歴史だったのです。
高いブランドイメージを持つルイ・ヴィトンだからこそ、その恩恵にあずかりたいと考えたりする偽物が出てきます。
もちろん、品質の悪い偽物であれば何ら問題もありませんが、ほとんど区別がつかないような手の込んだものまであるのです。

ルイ・ヴィトンは、偽物を駆逐するために徹底的に活動します。
これがブランドと顧客との信頼関係の基礎となっているのは明白でしょう。
モノグラムがルイ・ヴィトンの代名詞的となっているのも、こうした戦いがあったからです。

偽物の対策には、いろいろな方法があります。
相手に対する警告も行っていますが、それ以上にオリジナリティあふれるラインを発表することを考えているのです。
これにより独自性を保つことができるようになるのです。
その上に商標登録になどで権利を保護をおこなっています。

セカンドラインを認めないということ

ルイ・ヴィトンには、セカンドラインが存在しないということも、偽物対策になっています。
メインブランドよりも、少しでも安価に出すことで市場に浸透させようというのがセカンドラインの考え方です。
有名なところでは、プラダに対するミュウ・ミュウでしょう。

セカンドラインは、市場に浸透させる目的のため、メインブランドよりも安価です。
当然、品質も下げなければいけません。

こうしたアプローチをルイ・ヴィトンは嫌うのです。
自ら価値を落とすようなアプローチをすることにより、偽物の発生を高め、ブランドのイメージを下げることになるからといえるでしょう。

セカンドラインが悪いというわけではありません。
市場浸透ということを考えれば、とても重要なことなのです。
しかし、高級ブランドとしてのイメージを維持し、偽物を発生させないようにするためには、セカンドラインの存在が邪魔になってしまうといえるでしょう。
ここまでルイ・ヴィトンは、徹底して偽物と闘っているのです。

ルイ・ヴィトンの通販・買取りのセレブブランド

http://www.celeb-brand.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>