ルイ・ヴィトンがここまで好まれる理由は高い品質にあり

日本人がルイ・ヴィトンを好む理由のひとつ

ルイ・ヴィトンが日本で好まれている理由は、何もブランドというものに対する意識が高いというだけではありません。
そこには、品質へのこだわりということがあるからこそ、日本人はルイ・ヴィトンを持ちたくなるのです。

ルイ・ヴィトンは、市場のニーズに対する適合性だけを求めたりするわけではありません。
もちろん、競合ブランドに対しての優位性ということもありますが、それ以上にルイ・ヴィトンというブランドに対して、絶対的な品質が重要視されるのです。
こだわりを強くすれば、それだけコストが高まります。
当然価格も高くなりますが、ユーザーがその価値を認めているからこそ、ルイ・ヴィトンは成り立っているといえるのです。

モノグラムに見る品質

ルイ・ヴィトンといえば、代表的ともいえるのがモノグラムでしょう。
歴代のラインの中でも、最も有名なデザインです。
このモノグラムは、LVに対して花柄が配置されたデザインになっていますが、LVの柄が必ず製品の正面か中央にくるようになっていることはあまり知られていません。
真贋を見分ける一つのポイントでもあるのですが、製品の構造上正面か中央が難しい場合には、左右対称になっているのです。
バッグでも小物でもモノグラムであれば、絶対決められたルールになっています。
このモノグラムの位置が狂い、ずれたりするなどということはあり得ません。
徹底したこだわりを見せる部分ですが、これこそがルイ・ヴィトンの真骨頂といえる部分なのです。
このこだわりがさまざまなところに見えるからこそ、日本人はルイ・ヴィトンを好むといえるでしょう。

ルイ・ヴィトンにはアウトレットはない

品質に絶対的なこだわりがあるルイ・ヴィトンですので、アウトレットということも許しません。
アウトレットにもいろいろな形がありますが、予め不良率を計算し、多めに作ったものをアウトレット品とすることがあります。
逆に言えば、不良率がゼロであれば、こうした商品は生まれません。
納品予定数だけを丁寧に作ればいいということになるでしょう。

ルイ・ヴィトンは、自社製品を自社で販売する態勢を取っています。
工場も自社工場で、外注ではありません。
つまり、高い品質を維持することによって、アウトレットに回すような品物を作らせないのです。
これもブランドイメージの一つであり、確実に価値のあるものを提供するルイ・ヴィトンの姿勢を見て取ることができるのです。
だからこそ、正規品は高い品質を維持しており、安心して購入することができるといえるでしょう。

ルイ・ヴィトンの通販・買取りのセレブブランド

http://www.celeb-brand.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>