Archive | 3月 2016

変革の時期に現れたマーク・ジェイコブスとルイ・ヴィトンの変化

ルイ・ヴィトンに変化を与えたマーク・ジェイコブス

ブランドは世界中にいろいろとありますが、その陰にはデザイナーの力があることを忘れてはいけません。
そのデザイナーの力によって、ブランドはさまざまな形に変えて永らえていくことになるのです。

ルイ・ヴィトンを見てみると、モノグラムやダミエとかなり変化してきたことがわかるでしょう。
伝統を重んじ、落ち着いた色合いの商品が多くラインナップされていましたが、近年はカラフルな色合いのものが多くなりました。
この背景には、ルイ・ヴィトンとマーク・ジェイコブスという関係があるからです。
チーフデザイナーがマーク・ジェイコブスだった時期にかなりの変化を見せました。
彼とルイ・ヴィトンというブランドの出会いが、新しいルイ・ヴィトンを生み出したといっていいでしょう。

マルチカラーと村上龍

マーク・ジェイコブスといえば、村上龍と交流があったことでも知られています。
日本に非常に興味があったといわれているマーク・ジェイコブスは、世界観が近いと思っていた村上龍とコラボすることになるのです。
ルイ・ヴィトンというブランドから考えると、日本という存在はとても重要です。
モノグラムもダミエも日本の家紋や市松模様がモチーフとされています。
さらに、主要市場は日本であることもまた間違いありません。
そこで、コラボレーション企画を立ち上げていくことになるのです。

そして、そこから生まれてくるのが、実はマルチカラーだと知ると、かなりの人が驚くことでしょう。

最近よく目にするようにもなったマルチカラーは、マーク・ジェイコブスと村上隆企画し、2003年に登場します。
伝統的で落ち着いたモノグラムから一転し、カラフルで革新的なのがマルチカラーといっていいでしょう。
あまりの斬新さと色使いい、これはルイ・ヴィトン製品ではないとまで言われたこともありました。
実際に本社に問い合わせた県も非常に多く、それまでの概念を打ち崩す存在となったのです。

もちろん、こうした奇抜な発想には否定的な意見も数多くありました。
しかし、結果を見てみれば、マーク・ジェイコブスの仕掛けた戦略は、ルイ・ヴィトンをさらなる高みに引き上げていったのです。

落ち着いたカラーならブラックベースを

このマルチカラーには、ホワイトベースが主流ではあるものの、ブラックベースもあります。
落ち着いたカラーリングとしては、ブラックベースのほうが向いているでしょう。
ちょっと妖艶さもあるデザインは、その後のマーク・ジェイコブスを見ているようでもあるはずです。

ルイ・ヴィトンの通販・買取りのセレブブランド

http://www.celeb-brand.com/

使い方一つで便利になるルイヴィトンのウエストポーチ

両手を開けることができるウエストポーチ

ウエストポーチは、両手がふさがらないという特徴のあるバッグです。
両手が開くということは、その分荷物を持つことができることも意味しますし、安全のためにも重要なことになるでしょう。
ほんの少しのことですが、これは大きなポイントです。

旅行に行く場合などでは、腕に持たずに安全に荷物を持つことができます。
デイパックなどを背中にしょって歩くのは、国内旅行では問題もありませんが、海外ではかなり危険なことになってしまうことだってあるのです。
その点で、ウエストポーチは、腰に縛り付けるために簡単にとられることもないでしょう。
自分の正面方向に向ければ、かなり安全に使うことができるのです。
これから先、オリンピックなどの観光を考えたりするのであれば、荷物の維持のためにもウエストポーチは重要でしょう。

ルイ・ヴィトンにもいろいろあるウエストポーチ

ルイ・ヴィトンにもウエストポーチがあります。
ファストやジェロニモス、ジョギングバッグになりますが、ポシェットマレルも大きな意味では当てはまるでしょう。
非常に多くの種類があるのですが、その用途も感が選ばなくてはいけないでしょう。
ファストやジェロニモスの場合には、旅行に行くときにも使うことができるでしょう。
安全に荷物を持つことができるようになります。

ジョギングバッグの場合には、その名の通り運動に向くように作られているのです。
細かい間仕切りよりも、ポケット自体を分けることで、簡単に取り出せるようにしてあったりします。
機能的な問題を考えれば、大きな荷物を持って走るわけではないのですから、こうしたつくり方のほうが便利でしょう。

それに比べると、ポシェットマレルは、デザインを重視しているバッグになっています。
ちょっと留めるのが面倒なバッグですが、かわいいデザインは他にはありません。
ちょっと高さが低いところが問題で、うまく入らないことも出てくるかもしれませんので、入れたいものをチェックしてからにしたほうがいいでしょう。

何に使うのかを明確に

ウエストポーチは、非常に便利なバッグではありますが、何でもできるというわけではありません。
実はたくさんの荷物を入れることは苦手で、重くなると落ちてきてしまうことも出てきます。
安全ということを考えても、荷物を持っていることを自分からアピールすることになるため、財布などは入れないようにすることも重要でしょう。
サブバッグとしては、重要なバッグになりますので、どんなものを入れるのかを考え、選んでいくことがポイントになるのです。

ルイ・ヴィトンの通販・買取りのセレブブランド

http://www.celeb-brand.com/

デザインも優れているルイヴィトンの腕時計

ルイ・ヴィトンは時計だけじゃない

日本人が持っているルイ・ヴィトンのイメージというと、バッグのメーカーだということになってしまうでしょう。
それだけ日本人が好きなメーカーであるともいえます。
ですが、財布などの小物も作ってるトータルファッションメーカーだということを忘れてはいけません。
最近では時計も作っているということも忘れてはいけないでしょう。

2002年9月に発表したのが、初めてのルイ・ヴィトンが発表した時計がタンブールでした。
それまでのルイ・ヴィトンは、当然時計など作ったことはありません。
そのルイ・ヴィトンが時計にまで手を出したと、大きなニュースになったのです。
ただ単に時計を売るということであれば、そこまで話題にもならなかったのですが、ルイ・ヴィトンが作って販売するというところが重要です。
自社製のムーヴメントを開発し、製作販売するというのは、時計メーカーに対しても驚きを与えました。
こうした一貫生産能力は、ファッションメーカーの多角化が進んだということも表していたのです。

自社製品にこだわり続けるだけじゃない柔軟性

ルイ・ヴィトンの時計は、その後さまざまなタイプが発表されるようになりました。
中心となったのはタンブールで、いろいろな種類が販売され、クロノグラフも誕生したのです。
車をモチーフにしたデザインであり、旅を楽しむことができる相棒として使えるようになっています。
面白いところとして、平均時速を計測できるタキメーターメモリが搭載されているというところでしょう。
それだけ高い性能を証明したともいえるのです。
ですが、クロノグラフに関しては、自社製品ではなく、デュポア・テブラ社がルイ・ヴィトン専用に設計したものになります。
何も一つのことにこだわり、性能を落としたりするのではなく、必要であれば外部の力も借りるのです。
こうした柔軟性も兼ね備えているメーカーだといえるでしょう。

バッグにも引けを取らない性能と美しさ

ルイ・ヴィトンの時計には、非常に豪華なものも用意されています。
時計という性能だけではなく、ファッション性を追求したモデルもあるのです。
それもかなり豪華なモデルであり、機械式時計として重力誤差まで調節できるのですから、見かけ倒しではありません。
もちろん、ダイヤモンドがちりばめられており、豪華さという面でも引けを取ることはないのです。

見た目も性能も高い次元でまとめられているのが、ルイ・ヴィトンの時計の特徴といえます。
使い勝手にも優れているため、バッグと合わせて使ったりするのにも劣らない時計となっているのです。

ルイ・ヴィトンの通販・買取りのセレブブランド

http://www.celeb-brand.com/

ピアスだけ選択肢ではもったいないルイヴィトンのイヤリング

ピアスだけがメインじゃない

最近は、ピアスがメインと思っている人もいるでしょう。
しかし、つけている間に金属アレルギーになってかぶれてしまう人もいます。
お手入れをしていかなければ問題があるのも、注意しなければいけないポイントでしょう。
その点で、イヤリングは簡単につけられますし、お手入れもいりません。
特にボブなどミディアムヘアの場合には、小さいものを付けるだけでも違いがありますし、フープタイプを付けるだけでとても映えます。
ピアスだけではなく、改めてイヤリングを考え直してみることも必要でしょう。

イヤリングもたくさんあるルイ・ヴィトン

ルイ・ヴィトンには、ピアスだけではなく、イヤリングもたくさん存在します。
フープタイプも用意されていますので、ミディアムヘアにもぴったりです。
大半はピアスですが、こうしたバリエーションも用意されているのは、さすがのルイ・ヴィトンというところでしょう。

他にも、ピアスで用意されているアルファベットをモチーフにしたイヤリングもあります。
自分の名前に合わせてもいいですし、気に入っているアルファベットを選んでつけるのもいいでしょう。
選択の幅は驚くほど広くなるのですから、いろいろと悩んでしまうことになるでしょう。

選ぶポイントを考える

イヤリングの場合、ピアスとはまた違った選び方をしなければいけません。
ルイ・ヴィトンは、基本的にゴールドベースになりますので、他のアクセサリーもゴールド系を選んだほうがいいでしょう。
ばらばらにしてしまうと、統一感がなくなってしまうからです。
それでも変えたい場合には、ブレスレットなどにコンビネーションを持ってきたりすれば、浮かずに済むようになります。

普段はシルバーを付けている人でも、特別な日にはゴールドにしたほうがいいでしょう。
華やかさが違います。
気兼ねなくつけることができるのはシルバーですが、やはり印象に残るのはゴールドだからです。

イヤリングを探す場合には、重さにも注意したほうがいいでしょう。
特に長時間つけることがわかっているのであれば、あまり重いものは負担になりますし、落ちてきてしまうのです。
ルイ・ヴィトンのイヤリングの中にも、重いものがありますので、自分にあっているかどうかを考えて選んだほうがいいでしょう。

いろいろなシーンごとに種類を持っているほうが、イヤリングは使いやすいものです。
一つに絞ってしまうと、どうしても広がりがなくなりますので、ピアスをしてる人も考えてみるといいでしょう。

ルイ・ヴィトンの通販・買取りのセレブブランド

http://www.celeb-brand.com/

かばんや財布などとは一味違うルイ・ヴィトンの手帳

持っているだけでできる大人に見える手帳

ルイ・ヴィトンといえば、やはりバッグや財布であることは間違いありません。
ですが、ビジネスマンに人気なのは他にもあるのです。
それが、必須ともいえる手帳だったりします。
実は、ビジネスシーンを見ていると、ルイ・ヴィトンの手帳を使っている人は割りと多いことに気がつくでしょう。
会議やプレゼンの場で目にすると、ちょっとできる人といった雰囲気を醸し出します。

ルイ・ヴィトンの手帳の場合、大半はモノグラムやダミエです。
他にもいろいろと使われているため、手帳は多くの商品展開があったりする商品だったりもします。
実際にモノグラムマルチカラーやモノグラムデニムもありますし、エピやタイガもある人気商品なのです。

国際規格になっているのならすぐにでも交換可能

現在使っている手帳を別のものに変えるということは、かなり面倒なことでしょう。
今まで使っていた分だけ記入したものがあり、これを書き換えなければいけないのですから、とても面倒です。
しかし、現在の手帳は中身はそのまま使い、手帳カバーを交換するというのが主流になっています。
これなら簡単に手帳を変えることができるでしょう。

たあし、注意しなければいけないのが、その中身の規格です。
国際規格に合っているシートならば、6つの穴が開いているタイプでしょう。
6穴リファイルといるタイプです。
この国際規格になっているのであれば、ルイ・ヴィトンの手帳のカバーに変えることができます。
これから先、手帳を考えるのであれば、こうした企画も考えて買ってみるといいでしょう。

実用性を考えて作られているからこそペン差しがある

手帳を使うときには、筆記具が必須です。
ですが、意外とペン差しがついているブランふぉものの手帳は少なかったりします。
ルイ・ヴィトンの手帳の場合には、しっかりと取り付けられていますので、実は実用性に富んだ手帳だったりするのです。
当たり前のことと思われるかもしれませんが、ファッション性を重視しがちで、こうした部分は外されていることが多かったりします。
この辺りが、ルイ・ヴィトンが機能性を重視しているブランドであるという証といってもいいでしょう。

ルイ・ヴィトン手帳の手触りは、fILOFAXに似ているといわれています。
最高級ブランドとして知られている手帳メーカーですが、かなり感触が近いことから、多くの人に好まれていたりもするのです。
そのため、ひとつ持っていると、とてもできる大人に見えてくるから不思議なものといえるでしょう。

ルイ・ヴィトンの通販・買取りのセレブブランド

http://www.celeb-brand.com/

ルイヴィトンの高い技術の積み重ねが生んだスイート・モノグラム

ルイ・ヴィトンの誇るモノグラム

ルイ・ヴィトンには、さまざまなラインがあります。
典型的なのは、なんといってもモノグラムでしょう。
日本の家紋をモチーフにして作られたといわれており、創業者のルイ・ヴィトンのイニシャルであるLVと星と鼻を組み合わせて1896年に作られました。
現在では、ルイ・ヴィトンといえばこれというほど浸透したラインだといえるでしょう。

実はこのパターンには、製品に対して正対するように配置されています。
非常に考えられたデザインで、途中で切れてしまったりしないように配慮もされているのです。
もしも、モノグラムの位置や形がおかしいのであれば、それは偽物であるとわかるようにしているのは、ルイ・ヴィトンが常にコピー商品と闘ってきたからといえるでしょう。

揺るぎのないデザインだからこそ

非常に丁寧に加工されて作られるキャンバス地は、他にはないほど完璧にし上げられることで知られています。
伝統のノウハウがあるからですが、それだけ技術のある職人技がルイ・ヴィトンを支えているということでもあるでしょう。
完全な防水性も備えているだけではなく、表面に傷がつきにくい性質も与えたのですから、完璧な性能であるともいえるのです。

モノグラムは、基本としてダークブラウンのキャンバス地になっています。
いろいろなバリエーションもあったりしますが、それもこのモノグラムがしっかりしているからでしょう。
デザイン的に揺るぎがないからこそ、派生型も作っていくことができるのです。

派生型のデザインは、かなり目立つものが多いのも特徴といえます。
エレガントなモノグラムのイメージは残しつつ、新たなデザインと世界に挑戦しているものが多いのです。
その中の一つが、2014年に発表されたスイート・モノグラムでしょう。

技術の発展が生み出したスイート・モノグラム

スイート・モノグラムは、モノグラムのデザインを受け継ぎながら、かなりポップな仕上がりになっているのが特徴です。
ちょっと遊びさえ感じるデザインですが、ポップで楽しげな感じにし上げっています。
しかし、モノグラムが持つ規則性を兼ね備えているのですから、他にはない仕上がりといえるでしょう。

スイート・モノグラムは、バレンタイン用の特別なラインとなりました。
こうしたデザインを完成させることができたのも、モノグラムが優れたいたということもありますが、それ以上にコンピューターの発達もあるでしょう。
それまで職人の手作業で作られていたデザインから、優れた配置を規則的に作り出せるようになったのですから、技術の発展のすばらしさともいえるのです。

ルイ・ヴィトンの通販・買取りのセレブブランド

http://www.celeb-brand.com/

ルイ・ヴィトンの中でも隠れて人気なキーケース

ルイ・ヴィトンの売れ筋キーケース

実はよく売れているキーケース
ルイ・ヴィトンには、臂臑王に多くの商品があります。
その中には定番アイテムもありますし、売れ筋になっている商品もたくさんあるのです。
特に定番と呼ばれているのは、モノグラムやダミエのバッグでしょう。
日本では、本当によく財布も見ます。
モノグラムやダミエは、シンプルなデザインですから、飽きにくく長く使うことができるでしょう。
スピーディやキーポールなどのボストンバッグも多く見かけますが、こちらは機能性を重視しているということが挙げられます。
使い勝手がよく、一度購入すると長く使っていくことができるのです。
これらの定番アイテムが日本では目立つことから、あまり気がつきませんが、実はキーケースもかなりの売れ筋のラインになっています。

キーホルダーとキーケース

ルイ・ヴィトンの鍵収納アイテムは、キーホルダーもあります。
同じように見えますが違いは、キーホルダーは鍵を束にすることができるため、なくしにくいということがあるでしょう。
それに比べて、キーケースは収納できるためなくしにくいということがポイントになってくるのです。
いわば小さな財布のような感じといっていいでしょう。
収納できることからも鍵が取れにくく、ジャラジャラと音がするのも防ぐことができます。

ルイ・ヴィトンの中では、バッグ類はとにかく売れますし、だれもが理解できるところといえるでしょう。
誰しもが日常的に使うものということもありますし、ひとつのステータスとして広まった過去もあります。
しかし、キーケースを使うほど鍵は持たない世の中になりました。
車でもキーレスになって行っていることから、そこまで利用価値がないように見えます。
でも、これが売れ筋なのは、実は値段にあるのです。

人気の秘訣は価格にあり

ルイ・ヴィトンは、日本ではだれもが持つメーカーになりましたが、それでもやすいものではありません。
ところが、このキーケースはもっと安いアイテムでもあるのです。

実際に激安店や中古店の商品を考えると、コピー品ではないかと心配することもあるでしょう。
そんな点からも、なかなか購入できないという人でも、キーケースなら購入しやすい値段ですので、よく選ばれるのです。

実売価格を考えると、スピーディ30あたりでも8万円程度になるでしょう。
新作なら20万円ということもあります。
ところが、キーケースなら2万円程度で購入できる手軽さが人気を後押ししているのです。
こうしたおしゃれなキーケースなら、プレゼントだって喜ばれるでしょう。
だからこそ、売れ筋になっているのです。

ルイ・ヴィトンの通販・買取りのセレブブランド

http://www.celeb-brand.com/

ルイヴィトンだからこそ違うiPhoneケース

ルイ・ヴィトンにもあるiPhoneケース

今では携帯電話といえば、半数以上がスマートフォンとなりました。
その中でも圧倒的なシェアを誇るのがiPhoneでしょう。
好きか嫌いかということもありますが、iOSかAndroidにするのかしか現実には選択肢がなかったりもします。
そんな状況ではありますが、スマートフォンはその機能のため、強化ガラスでできていたりするでしょう。
どうしても衝撃で割れてしまう可能性があるため、ケースは必須となってきているのです。

ルイ・ヴィトンでも、iPhone用のケースが販売されています。
フォリオが専用のケースですが、いろいろなラインが用意されているため、自分にあったものを選ぶことができるのです。
バッグなどと合わせてみるのもいいでしょう。

特殊な固定方法にポイント

フォリオは、ちょっと特殊なケースになっています。
一般的にiPhoneケースというと、バンパー状の取り付け具がセットされており、そこにはめ込んで固定するものが多いでしょう。
ところが、ルイ・ヴィトンのiPhoneケースは、そういった取り付け具はありません。
そこにあるのは、特殊粘着シートなのです。
といっても、接着剤で固定するものではなく、バンカーリングと呼ばれるシートで、そのまま張り付けることができます。
簡単にはずれないように固定することができますので、ケースとしても活用しやすくなるのです。

もしも粘着力が弱くなってきても心配はいりません。
ケースが濡れないように、水洗いしたりすれば、繰り返し使えるものなのです。
長く使うケースとしても活用することができるでしょう。

iPhoneじゃなくてもサイズが合えば

iPhoneケースとしては、スリーブタイプも用意されています。
ソフトケースとして販売されているもので、すっぽりとはまりますので、壊したりすることもなくなるのです。
ラインとしても、モノグラムやダミエ、アズールなどもそろっていますので、自由に合わせることができるでしょう。

こうしたスリーブケースなら、iPhoneだけではなく他のスマートフォンでもサイズが合えば大丈夫です。
Android用としても使うことができるのです。

フォリオにしても、粘着面で固定するため、カメラホールさえ気にしなければ、ほとんどのタイプに使うことができるでしょう。
かなり大きなホールになっているため、左側についているタイプであれば問題はないでしょう。
なかなかケースを見つけることができない人も、ルイ・ヴィトンのiPhoneケースならきっとうまくいくことでしょう。

ルイ・ヴィトンの通販・買取りのセレブブランド

http://www.celeb-brand.com/

エナメル加工のルイ・ヴィトンのヴェルニーに魅力

ルイ・ヴィトンの中でもエナメル加工のヴェルニー

常に新しい革製品を送り出してきているルイ・ヴィトンは、創業者であるルイ・ヴィトンが革のカバン職人だったことからスタートしています。
だからこそ、現在に至るまで、多くの商品が皮革製品となっているのです。
それが最近になり、革製品に混じって、エナメル加工されている商品が増えてきました。
モノグラム・ヴェルニーラインが主な種類で、革製品とは、違った趣があるラインとなっているのです。
ただし、ヴェルニーの外側はエナメル加工ですが、内側はしっかりとした皮革で出来ています。
そういった面からも、これもまた革製品のひとつの形であるといっていいでしょう。

若者志向であることの魅力

ルイ・ヴィトンのカラーイメージは、茶褐色や茶色の生地といったところになるでしょう。
落ち着いたイメージがありますが、モノグラムやダミエの影響のはずです。
ところが、カラフルな色使いのエピが1985年に発表され、かなり変化してきました。
若年層が好むようなカラフルな色合いが増えていったのです。
これも世の中の流れですが、その中でヴェルニーラインも誕生しました。
モノグラムやダミエといえば、どんな服装でも合うイメージがありますが、エナメル加工で光沢のあるヴェルニは何でもいいというわけにはいかないでしょう。
それでも、このカラフルで光沢のあるヴェルニーは、若い女性から大いなる支持を受けることになって行くのです。
今では欠かせないものとなったといっていいでしょう。

ヴェルニーの表面を見ると、実はモノグラムの柄が型押しされていることがわかります。
これが、モノグラムの派生ラインである証拠です。
ただし、プリントではなく型押しと言うところが大きな違いであり、魅力の一つになっているといえるでしょう。

撥水性の高さと見た目の問題を考慮する

エナメル加工してあるヴェルニーラインですので、撥水性が高く普段使いにも困りません。
革製品の場合、どうしても水分に弱い特性を持っていますが、ヴェルニーなら心配はいりません。
もちろん、ルイ・ヴィトンですので、頑丈で簡単には壊れませんし、長持ちさせることもできます。
光沢があるおかげで、どうしても安っぽく見えてしまうのは欠点でしょう。
高級というほどまで高額ではないということもありますが、そこを踏まえて手軽に使うということを考えると、不自然にもならず使っていくことができるはずです。

ルイ・ヴィトンの通販・買取りのセレブブランド

http://www.celeb-brand.com/

ルイヴィトンに古い流れと新しい血を吹き込んだアズール

市松模様を基にしたダミエ

ルイ・ヴィトンというと、日本の市松模様を基にしたデザインがあります。
それがダミエです。
市松模様と同じ、理路整然としたデザインは、非常に美しいものです。
こうしたリスペクトは、世界中にいろいろあったりもしますが、ここまではっきりとしているものも珍しいでしょう。

このダミエですが、非常に人気のラインでした。
最古参のラインでもあったわけですが、シンプルなデザインが足を引っ張ってしまい、コピー商品が大量に出回ってしまうのです。
結果的に、これがルイ・ヴィトンの首を絞め、ダミエ自体も製造中止に追い込まれてしまいます。
ここからルイ・ヴィトンとコピー商品の戦いが始まるといっていいでしょう。

惜しまれて廃盤となって行くダミエとマーク・ジェイコブス

ダミエは、惜しまれながら廃盤となりましたが、それだけに人々の記憶からも、ルイ・ヴィトンの歴史の中からも消えませんでした。
あまりにもシンプルで優れたデザインは、チーフデザイナーがマーク・ジェイコブスに変わったときに失われた時間を取り戻すのです。
マーク・ジェイコブスは、アニバーサリー規格の中で、復刻モデルを限定で生産することを決めました。
ここにおいて失われた時間を取り戻すことができるようになったのです。
多くの人の目に触れ、批評もされることになりましたが。これが復活の足掛かりとなりました。
現在でもダミエが多くの商品を彩っているのには、こうした歴史があるのです。
いいものは、どんな歴史があろうとも、どんな障害があろうとも、優れた評価を受ける例であるともいえるでしょう。
そして、ダミエアズールが生まれてくるのです。

新しい血を吹き込んだアズールの存在

アズールは、ダミエの新しいラインとして誕生しました。
色を変化させたものであり、アズールという言葉が意味する紺碧にぴったりのカラーになっています。
イタリアの有名リゾート地であるリビエラ海の青い海と砂浜をイメージして作られたアズールは、ヨーロッパの素晴らしい風景まで取り入れたのです。
この辺りの懐広さは、ルイ・ヴィトンの特徴ともいえるでしょう。

落ち着いたカラーのアズールですが、すでに定番化してきているといえます。
かなり斬新で、今までにはなかったようなカラーですが、最古参ともいえるラインが、新しい血をルイ・ヴィトンに吹き込んだともいえるでしょう。
新製品も数多く登場しており、これから先もルイ・ヴィトンを支えるラインとなること間違いないのです。

ルイ・ヴィトンの通販・買取りのセレブブランド

http://www.celeb-brand.com/