Archive | 2月 2016

ヴィトンのベーシックな時計としてステンレスを使ったタンブールと特殊な文字盤のヴォワイヤージュ

バッグだけではないヴィトンの世界

ルイ・ヴィトンというと、一般的な感覚からいえばバッグのメーカーでしょう。

財布なども作っていますが、実はトータルファッションメーカーなのです。

その中でも、かなり新しい試みが、時計になります。

 

2002年9月に発表したのが、初めての時計となったタンブールです。

とうとうヴィトンが時計にまで進出化と世界中に衝撃を与えることになるわけですが、かなりユニークなデザインが話題となりました。

このタンブールという名前は、フランス語で太鼓を意味する言葉であり、丸形で非常に厚みがあったのです。

 

タンブールの何が驚きといえば、そのデザイン性だけではありません。

ルイ・ヴィトンが自社製のムーヴメントの開発製造を目標としていたことでしょう。

2011年にタンブール ミニッツリピーターに自社製ムーヴメントを搭載し発表したことにより、ファッションメーカーが一貫生産できるということが世界中に衝撃となったのです。

 

旅を楽しむドライバーのためのヴォワイヤージュ

タンブールにもいろいろな種類が販売されるようになりましたが、直径44mmステンレススティールケースを使っているのが、クロノグラフ ヴォワイヤージュになります。

機械式のクロノグラフモデルで、文字盤が車のダッシュボードを参考にデザインされているのが特徴です。

旅を楽しむドライバーように開発されており、各所に車を感じさせるデザインが取り入れられているのです。

文字盤外周には、平均時速を計測するタキメーターメモリも装備されており、非常に高い性能を持っている時計となっています。

このタンブールのムーヴメントは、ルイ・ヴィトン製ではなく、クロノグラフを得意とするデュポア・デブラ社が専用に作ったものです。

 

デザイン性と高い性能の共存

デザイン性を高めたモノグラムもタンブールの一つの結論ともいえるでしょう。

バリエーションも豊かに展開しているだけではなく、他のモデルとは違い、ステンレスケースがわずかに沿っているのです。

こうしたデザイン性は、なかなか考えられない部分だったといえます。

文字盤も非常に見やすくなり、立体感が出ました。

ダイヤモンドを排しているモデルもあり、12の位置にLVのロゴが排してあるというのもルイ・ヴィトンらしいところになっているのです。

 

豪華なモデルも用意されており、トゥールビヨンまで搭載したモデルがあります。

機械式時計としての重力誤差を調節できる機構で、自動巻きに組み合わせるというレアな時計となっているだけではなく、ダイヤモンドをちりばめてあるのです。

見た目にも、性能でも高次元にまとめられているルイ・ヴィトンらしい使い勝手にも優れている時計といえるでしょう。

 

ルイ・ヴィトンの時計 通販・買取りならセレブブランドにお任せ下さい!

http://www.celeb-brand.com/

ヴィトンの財布で人気のエピの買取を高めるために重要なこと

日本人が好むルイ・ヴィトン

ヴィトンといえば、日本人が好むブランドとして知られているでしょう。

特に財布は、多くの人が利用しています。

特に女性が目立つような感じがするのも、日本人特有の目線です。

本来のヴィトンの素材ということから考えると、モノグラムやダミエ、財布でも人気のエピは、ユニセックスな商品となっています。

タイガやダミエグラフィットは、メンズラインなのですから、実は男性向けが多かったりするのです。

女性用と銘打っていなければ、どちらが使っても、ほとんど違和感がないのも、日本で人気のポイントともいえるでしょう。

 

日本に親近感があることがわかるエピのカラーバリエーション

ヴィトンの財布に使われているラインの中でも、かなり新しいのがエピでしょう。

1985年に登場した新顔で、革に型押しのパターンが入っています。

1920年代にあったグレインのパターンがヒントになっており、1926年に原型が出来上がりました。

麦の穂を意味する言葉でもあり、独特の風合いが特徴ともいえるでしょう。

 

厚手の上質カーフが使われており、特殊加工をするときにクロム塩と植物タンニンを使うことで奥深くまで着色しているところが、エピのポイントになっています。

美しいカラーができ上がっているのも、この特殊加工のおかげですが、光の当たり方でも変化するようになっています。

こうした味わい深いカラーは、ヴィトンの中でもかなり特殊なイメージがあるはずです。

 

カラー展開もかなり多く、日本から発想を受けたジパング・ゴールドや千島列島を意味するクリール・ブラックというものもあります。

こうしたカラーがあるのも、日本に対して特別な感覚をヴィトンが持っているといえるでしょう。

 

買取を高めるためにはお手入れが重要

ヴィトンの財布は、買取でも高い人気を誇っています。

それだけ多くの需要があるということを表しているといえるわけですが、いろいろなことに気を付けていかなければ、買取は高くなりません。

 

傷やシミといったものは、味わいにもなってくるものですが、ヴィトンという性格を考えると、あまり好まれません。

できるだけきれいに使ってあげることが重要ですが、耐久性にも優れたエピだからこそ、月1回はミンクオイルで磨いたりすることが重要です。

柔らかい布を使い、汚れを落とし手から、ミンクオイルを塗ることにより、柔軟性も高めることができますので、傷もつきにくくなります。

乾燥防止にもなりますので、しっかりと行っておくことで、買取を高めることができるようになるのです。

 

ルイ・ヴィトンの通販・買取りならセレブブランドにお任せ下さい!

http://www.celeb-brand.com/

ヴィトンのモノグラムやダミエの並行輸入品は安全なのか

並行輸入品とは何か

ヴィトンにも多いのが、並行輸入品でしょう。

最近では、正規品以上に見かけることがあります。

いったいどんな意味があるのか、そのヴィトンのバッグは購入してもいいものなのか、考えてみる必要もあるはずです。

 

正規以外のルートでの購入が並行輸入品

基本として、正規輸入品に対応する言葉であり、正規ルートではない方法で輸入してきたものが、並行輸入品になります。

正規輸入品は、メーカーや関係者が輸入して販売するわけですが、並行輸入品の場合には、まったく関係のない人が輸入してくるところに大きな違いがあります。

その販売者が輸入しているとは限らず、ネットショップなどで購入して販売しているものも、並行輸入品といえるでしょう。

 

並行輸入品だからといって、中古品を購入しているというわけではありません。

正規品は、メーカーやブランドが販売していたり、正規代理店と呼ばれる契約者が直接購入したりしたことにより仕入れた商品を販売しています。

並行輸入品の場合には、ブランドの直営ショップで購入して販売しているケースが中心であり、使っていない新品を販売していると考えるとわかりやすいでしょう。

 

並行輸入品は信頼できる相手から

ヴィトンのバッグの中でも、モノグラムは人気が高いことから、並行輸入品も多数でまわっています。

これぞヴィトンであるといえるものが多く、だれが見てもわかることから、購入希望者が多いということが、並行輸入品を増やしている要因ともいえるでしょう。

続く人気の柄でもあるダミエも数多く並行輸入品が存在しますが、モノグラムより数は劣ります。

 

並行輸入品の場合、ヴィトンでも、かなり値段が安くなっているものがあるでしょう。

中には、日本未発売のものを手に入れることができたりもします。

ですが、非正規品でもあるため、修理ができなかったり、返品を受け付けることができなかったりすることも多くあるのです。

ただし、本来偽物ではないものですので、独占禁止法により対応をすべて断るということは違法でもあります。

 

もう一つ注意しなければいけないのが、仕様が異なる可能性があるということでしょう。

バッグでも同じように見えて、細部が日本仕様と異なる可能性があるということです。

こうした部分を楽しんでみるのも、ヴィトンの楽しみの一つであるともいえるでしょう。

 

よく勘違いされることもありますが、並行輸入品は違法ではありません。

日本以外の国では違法とされることもありますが、本物を購入して着て販売するのであれば、何も問題はないのです。

ですが、偽物を並行輸入品と偽る業者も存在します。

信用できるところで購入するようにすることが、最も大切だといえるでしょう。

 

ルイ・ヴィトンの通販・買取りならセレブブランドにお任せ下さい!

http://www.celeb-brand.com/

ダミエやモノグラムもあるヴィトンのベルトとサンチュール

隠れたところのおしゃれを

おしゃれというものは、何も見えるところだけではありません。

隠れてしまうことがわかっていても、さりげなくおしゃれをすることがポイントといえるでしょう。

特にちらりと見えるところにセンスが隠れていると、それは大きな変化をもたらすことになるのです。

 

男性では、よくネクタイにポイントを置いたりすることがあります。

スーツは男にとっての作業着だから、消耗してもしょうがない。

だけど、ネクタイだけはという人が多いのです。

しかし、ネクタイはかなり目立つ部分であることを考えると、ベルトにポイントを置くのもいいでしょう。

ルイ・ヴィトンのベルトであるサンチュールをさりげなくつけてみると、その良さもはっきりとわかるようになるはずです。

 

帯やひもを意味するサンチュール

サンチュールとは、帯やひもという言葉を意味しています。

ルイ・ヴィトンには、レディースのベルトとしてサンチュールと名前が付かないものもあるのです。

こちらは帯状になっておらず、チェーン状になっていたりするものです。

メンズではほとんど見かけることはありませんが、ここで少し区別をしてみるのもいいでしょう。

 

計算されたデザインだからこそ

サンチュールには、モノグラムもありますし、ダミエもそろっています。

ですが、単純に革をカットして作られているわけではなく、しっかりとデザインを計算して作りこんでいるところがルイ・ヴィトンといえるでしょう。

 

バックルもいろいろな種類がありますが、なんといってもVLバックルが目立ちます。

スーツを着ても、間から見えるバックルは、ベルトの命ともいえる部分です。

ここにセンスを光らせることは、重要なことといえます。

 

それでも、ちょっとカジュアルにシフトしてしまうことは否めません。

あまり目立たないバックルも用意されていますが、そこはルイ・ヴィトンです。

さりげなく縁取りをプラスしたり、ループ部分にロゴが入っていたりします。

こうしたさりげなさで演出できるところが、ベルトのおしゃれの真骨頂ともいえる部分でしょう。

 

実は、裏地にもこだわりがあります。

表とはまた違った風合いになっており、まるで美術品のように仕上がっています。

ベルトを締めた時に、しっくりとするのは、こうした裏地の作りにあるともいえるでしょう。

ほんの少しの工夫と見えるかもしれませんが、こうしたこだわりが本来のルイ・ヴィトンの姿だといえるのです。

見た目に美しいだけではありません。

高い機能を持つからこそ、世界で認められているブランドになっているのです。

 

ルイ・ヴィトン ダミエやモノグラムの通販・買取りならセレブブランドにお任せ下さい!

http://www.celeb-brand.com/

ショルダーバッグの中でもヴィトンのメッセンジャーバッグを使うならモノグラム よりダミエがねらい目

さりげなく使うのなら

ショルダーバッグの中でもメッセンジャーバッグというものは、様々なブランドから数多く発売されるようになりました。

男性であっても、ちょっと肩から掛けることで、手を空けることもできますし、荷物も入れやすくなっているということも重要でしょう。

その中でも、好きな人が見れば、その品質がすぐわかるというのもメッセンジャーバッグのよさです。

あくまでもデイリーユースとしてのバッグですから、さりげなく使うことが重要ともいえます。

ルイ・ヴィトンで考えると、モノグラムははっきりと主張できますが、さりげなく使うのであれば、ダミエを選択するというのも一つの方法でしょう。

 

市松模様がヒントとなったダミエ

ルイ・ヴィトンを代表するデザインとしては、ロゴをデザイン化したモノグラムがありますが、もっと落ち着いている市松模様に近いのがダミエになります。

このダミエは、2代目になったジョルジュ・ヴィトンが発明して1888年から発売し始めました。

日本の市松模様がヒントになっているとされており、品のよいデザインとして高い人気になったのです。

 

ですが、このダミエは商標登録とされるものの、わずか8年後の1896年には大量の模造品に悩まされることになります。

この時期のルイ・ヴィトンは、今よりも複製問題に悩まされた時期でもあり、結果としてダミエは姿を消すことになるのです。

世界初の商標を取得した商品でしたが、あまり効果がなかった時代でもあったといえるでしょう。

 

しかし、人気が高かったことに間違いはなく、1996年のモノグラム誕生100年に記念に復刻させた結果、1998年にマーク・ジェイコブスが完全復活させるのです。

これにより、現在のような定番ラインとなりました。

 

ビジネスシーンにも合うダミエ

ルイ・ヴィトンのメッセンジャーバッグとして考えてみた場合、だれが見てもわかるのはモノグラムであることは間違いありません。

ですが、男性が使うことを考えてみると、あまりブランドを前面に出すというのもいかがなものかということにもなりかねないでしょう。

特にビジネスシーンということを考えると、もう少し控えめにしたほうが、差しさわりがないと感じるのが当然です。

ダミエであれば、そこまで前面にブランドが出ませんし、わかる人は一目でわかるというところもポイントになってきます。

メッセンジャーバッグとして考えた場合には、いやらしさも出すことなく、さりげないおしゃれとしても使うことができるのです。

サイズもいろいろとありますので、どんなものを入れて歩くのかによって考えてみるといいでしょう。

 

ルイ・ヴィトン ダミエの通販・買取りならセレブブランドにお任せ下さい!

http://www.celeb-brand.com/

ヴィトンのモノグラムの長財布を代表するジッピーとポルトフォイユ

日本人に高い人気を誇るルイ・ヴィトンの長財布

ルイ・ヴィトンの長財布といえば、日本人に高い人気のアイテムといえるでしょう。

年齢を問わず使いやすいデザインが多くなっているところも大きなポイントです。

それに伴い、モノグラムになれば、だれがどこから見てもルイ・ヴィトンとわかるブランド製の高さも重要となります。

ステータス的な部分が強いことからも、日本人の好きなブランドであることは間違いないでしょう。

しかし、本当はブランド的な部分だけではなく、実用性の高い使いやすい長財布でもあるのです。

 

カバンにしか使わないポートフォリオとお金をとどめておくポルトフォイユ

ルイ・ヴィトンの長財布には、ポルトフォイユと呼ばれるモデルがあります。

フランス語ですので、日本人にはあまりなじみがない呼び方かもしれません。

このポルトフォイユは、英語に直すとポートフォリオという言葉になります。

カバンに対して使われる言葉ですが、その中でも三方開きの書類カバンを指しているのです。

 

これに対してポルトフォイユは、港を表すポルトと葉っぱを表すフォイユに分けることができます。

実はラテン語なのですが、この二つを合わせることでフランス語として使われているのです。

意味としては、葉っぱをお金と見立てており、それを止める港という言葉として使われています。

つまり、お金をとどめておく場所ということで、ポルトフォイユは財布に対してだけ使われるようになりました。

似た言葉ではあるのですが、意味合いの違いから使用用途が異なったりするのです。

こうしたところも、おしゃれにこだわり、個性にこだわるフランスらしいともいえるでしょう。

 

ジッピーにも負けない実用性と独特のデザイン

ルイ・ヴィトンの長財布には、モノグラムがよく似合うことは間違いありません。

その中でもポルトフォイユには、遊び心も込められたものがあったりするのです。

モノグラムをベースにしながらも、鮮やかなレザートリミングを組み合わせたものも出てきました。

機能的にも、ジッピー・ウォレットに負けないものであり、高い実用性を誇っています。

存在感ということを考えても、デザイン的に趣向を凝らせるポルトフォイユは、面白いものになりやすいともいえるでしょう。

 

ですが、何も派手なものばかりではありません。

ジッピー以上に落ち着いた雰囲気にも作ることができるのですから、バリエーションも豊富なのがポルトフォイユともいえるでしょう。

 

ルイ・ヴィトンの通販・買取りならセレブブランドにお任せ下さい!

http://www.celeb-brand.com/