Archives

モノグラムを再解釈するセレブレーティング・モノグラム

モノグラムも解釈を変えれば

ルイ・ヴィトンにとって、モノグラムは存在証明ともいえるラインでしょう。
アイコンとしてルイ・ヴィトンを支え、その地位を作り上げてきた存在ともいえます。
生まれたのは1896年のことなのですから、長期の間支えてきたことは間違いありません。
このモノグラム誕生から100年以上もの時間が流れ、2014年に創立160周年記念がおこなわれました。
その時に、現代のクリエイター6人によって、モノグラムを再解釈して生まれ変わらせたのが、セレブレーティング・モノグラムなのです。

6人のクリエイター

6人ものクリエイターが集まれば、その解釈は6人それぞれで違いが生まれます。
その違いが面白みにもなってくるのです。
このプロジェクトの中心になったのは、メンズコレクションのアーティスティックディレクターだったニコラ・ジェスキエールで、アイコンとアイコノクラストと名付けました。
日本の川久保玲をはじめ、フランク・ゲーリー、シンディ・シャーマン、マーク・ニューソン、クリスチャン・ルブタン、カール・ラガーフェルドとそうそうたるメンバーがあるまったのです。
それぞれが、非常に個の強いアーティストであったこともあり、面白いコレクションともなりました。

各自の個性が光るコレクション

コム・デ・ギャルソンで知られる川久保玲は、これまで様式美として成立していたモノグラムを破壊しました。
トートバッグに大胆に穴を開け、モノグラムとして新しい風を取り込むことを目指したのです。

フランク・ゲーリーは、建築家らしく、しっかりと作り上げられたデザインのバッグに仕上げました。
独特のカーブを用いながら、内側には手書きのモノグラムをエンボス加工するという2面性を出してきたのです。

シンディ・シャーマンは現代美術家の力を生かし、既存のイメージはそのまま生かして自分自身を使うという、これまでには見ることのできなかった形を作り上げました。
デザイナーであるマーク・ニューソンは、バックパックを作り上げています。
モノグラムキャンバスを使いながら、シープスキンを生かすという作品を発表したのです。

そして注目を集めたのが、クリスチャン・ルブランとカール・ラガーフェルドでした。
るブタンといえば、真っ赤なソールで知られるパンプスはあこがれでしょう。
そのルブタンは、独自の感性で赤を配しながら、ショッピングバッグのように作り上げたのです。
そして、カール・ラガーフェルドは、シャネルのチーフとしても知られていますが、だれもが度肝を抜かれることとなるボクシンググッズに仕立てたのです。
そこに、シャネルのようなチェーンベルトまで入れて見せたのですから、皇帝と呼ばれる意味も分かることでしょう。

これまでのルイ・ヴィトンでは見ることができないようなデザインが集まりました。
個性のぶつかり合いということでは、これまでのルイ・ヴィトンでは考えることができないようなものになったといえるでしょう。

ルイ・ヴィトンの通販・買取りのセレブブランド

http://www.celeb-brand.com/

ルイ・ヴィトンのイメージを大きく変化させたマルチカラー

日本人によってつくられたマルチカラー

ルイ・ヴィトンの中には、外部のデザイナーの手によってつくられるものがあります。
期間限定で発売されるものがほとんどで、定番化されることは珍しいことですが、大人気となり定着したのがマルチカラーです。
2003年に発表されたラインで、日本人デザイナーの村上隆によってつくられました。
かなり、特徴的なラインであり、それまでのルイ・ヴィトンのイメージを覆すほど斬新だったのです。

ルイ・ヴィトンにとって、かけがえのないシンボルともいえるモノグラムを、びっくりするほど鮮やかなカラーリングで、これまでにはなかったポップなテイストに仕上げました。
それも33色も使って仕上げているため、驚くほど鮮やかなのです。
これまでのシックなイメージはなくなり、落ち着いたデザインというより、躍動感あふれるようになったといっていいでしょう。

マーク・ジェイコブスの存在

このようなカラーを作り出せたのは、特殊なシルクスクリーン印刷を活用しているからです。
カラフルなモノグラムを作り出すため、白と黒の2色展開をしている点も重要でしょう。
フランス語でブロンとノワールと呼びますが、ブロンならカラフルなカラーを生かすことができ、かわいらしく見せることもできます。
ノワールの場合、黒がカラフルなカラーを引き締めてくれるため、はっきりとしたカラーリングに見えるのです。
こうした組み合わせが、女性を活動的に見せてくれるようになります。

なぜ、こんなコラボレーションが成立したのかといえば、そこにはデザイナーのマーク・ジェイコブスの存在がありました。
ルイ・ヴィトンのイメージを守りつつも、新たな風を取り入れることを考えており、さまざまなデザインを発表してきたのです。
その中の一つとして、ルイ・ヴィトン以外のデザイナーとコラボレーションすることにより、まったく新しい形を作りだしたといっていいでしょう。

定番化からオリジナルまで

マルチカラーは、定番化することで、さまざまなアイテムを生み出してきています。
バッグや財布といった定番も非常に多くありますが、マルチカラーにしかないコレクションも多数存在するのです。
アイ・ラブ・モノグラムやマルチカラーミンクなどは、他には存在しません。
カラフルさを楽しみながらも、今までにないインパクトを与えたといっていいでしょう。
特にミンクを使ったマルチカラーミンクは、ルイ・ヴィトンのみならず、他のブランドでも見ることがないようなデザインです。
この質感は、一度手に取ってみると、離したくなくなってしまうほど、愛らしい出来上がりになっています。

ルイ・ヴィトンの通販・買取りのセレブブランド

http://www.celeb-brand.com/

ルイ・ヴィトンの中でもできそうでできなかったモノグラム・エキゾチック

特別な価値があるモノグラム・エキゾチック

ルイ・ヴィトンの中でもモノグラムは特別な価値があるラインです。
日本でもよく見かけるように、ルイ・ヴィトンの象徴的なラインでもあり、外すことができないラインであることは間違いないでしょう。
このモノグラムキャンバスに対して、高価なエキゾチックレザーをトリミングしたのが、モノグラム・エキゾチックなのです。

モノグラム・エキゾチックは、ルイ・ヴィトンの中でも価格の高いラインであることは間違いありません。
非常に手に入りにくくなっているエキゾチックレザーであり、その値段もどんどん上がってきています。
独特の雰囲気を持つレザーでもあり、ルイ・ヴィトンの他のラインと比べてみても、かなり異色なバッグになっているということもわかるでしょう。

できそうでできないエキゾチックレザーの組み合わせ

モノグラム・エキゾチックに使われているレザーは、クロコダイル、リザード、オーストリッチ、パイソンが組み合わされています。
こうしたエキゾチックレザーを使う場合、単一の種類を使うものです。
組み合わせるということは、ほとんどありません。
ところが、このモノグラム・エキゾチックは、オーストリッチとリザードのように、組み合わせてバッグにしているのです。
この組み合わせがモノグラム・エキゾチックの最大の特徴で、複雑な風合いを生み出してきているのです。
なかなかできることではありませんが、ルイ・ヴィトンだからこそ、うまくまとめてきているといってもいいでしょう。

人と違うバッグがいいのであれば

エキゾチックレザーと、モノグラム・キャンバスの組み合わせというのは、そこまで悪いものではありません。
実際に持っている人も少なく、希少価値という面でも特別感があるでしょう。
非常に高級で扱いも難しいエキゾチックレザーをここまでうまく使っていることを考えると、特別な仕上がりになっているといってもいいはずです。
これが、洗練された技術者ともいえる職人の腕であるともいえるでしょう。

モノグラム・エキゾチックは、ルイ・ヴィトンの中でも高額の価格帯に入ってきます。
簡単に購入することができる金額でもなく、商品数も数限られているのです。
それだけの希少性があるからこそ、特別感もあることは確かでしょう。
手に持つとわかる高級素材の感触もありますので、他の人との差別感を出すのであれば、手に入れることができるのであれば、モノグラム・エキゾチックは最適なのです。

ルイ・ヴィトンの通販・買取りのセレブブランド

http://www.celeb-brand.com/

他とは差をつけたい!そんな人にはモノグラム・アンティア

ルイ・ヴィトンの中でも希少なライン

ルイ・ヴィトンといえば、やはりモノグラムラインが中心であることは間違いありません。
日本でもよく見かけるモノグラムラインは、ルイ・ヴィトンのラインの一つでしかないということを忘れてはいけません。
特にハイエンドとなるラインが、通常のモノグラムの上に存在することを忘れてはいけないのです。
その中でも、希少な素材と特殊な技法を取り入れて作られたのが、2010年に発表されることになった、モノグラム・アンティアになります。

ギリシャ神話の花の女神の名を持つ美しさ

ルイ・ヴィトンの中でもハイエンドラインになるアンティアは、ギリシャ神話の花の女神アンティアの名前をとったラインです。
その名前に負けることのない女性のあこがれとなるように、素晴らしい素材で作られているのが特徴といっていいでしょう。
希少素材を使っていますので、見た目からしてこれまでのルイ・ヴィトンのラインとは異なります。
いかにもルイ・ヴィトンという空気は全くなく、落ち着きを見せながらも美しいデザインになっているところが大きな違いといえるでしょう。
これも人をひきつけてやまない女神を彷彿させる作りになっているのです。

ハイエンドだからこその特別感

アンティアは、かなり特別に作られたバッグだといっていいでしょう。
こだわり方が、他のラインとは明らかに異なります。
素材はラムスキンを使っており、見ただけでもその柔らかさがわかることでしょう。
それも生後1年以内の羊の皮を使っているため、数も少ない高級素材です。
さらに、職人の技術を使って、これまでにはないほどに丁寧に取り扱われており、滑らかな質感は、さらに最上級の雰囲気を出してくれています。
やわらかな雰囲気はありますが、気品あふれて感じ、明らかに違うレベルだということが伝わってくるのです。

モノグラムラインと名がついていますが、すべて刺繍です、
ラムスキンに対して刺繍をするというのは、ルイ・ヴィトンでは見たことのない技術といってもいいでしょう。
これも独自の特殊技術を使っており、他にはない仕上がりになっているのです。

当然のことですが、価格帯も全く異なります。
こだわりぬいたラインですので、最高のランクに位置しているといっていいでしょう。
それだけに、量産ができるものでもなく、流通量は希少で、本当に数が少なくなっています。

ルイ・ヴィトンは、日本ならどこでも見かけるという人は、このアンティアを手にしてみるといいでしょう。
周りと差がつくこと間違いありません。

ルイ・ヴィトンの通販・買取りのセレブブランド

http://www.celeb-brand.com/

麦の穂をイメージして作られた耐久性の高いエピ

日本の初期のルイ・ヴィトンを支えたエピ

今でこそ、ルイ・ヴィトンのエピは何も珍しい存在ではありません。
定番中の定番として、モノグラムやダミエとともに知られています。
ですが、発表された1985年のことを考えると、その発表は驚くほどの衝撃だったのです。

エピの発表は1985年のことでした。
バブル期だった日本に1978年に上陸したルイ・ヴィトンが爆発的な人気になっていたころです。
初期のルイ・ヴィトンといえば、定番となるモノグラムが中心でした。
これが定着し、今でもルイ・ヴィトンといえばモノグラムとなっていきます。
カラーも茶色やベージュしかない時代だったこともあり、エピの持つ鮮やかなカラーは新鮮に映ったのです。
それも、これがルイ・ヴィトンであるということで、さらに火をつけることになります。

バブル期真っただ中に生まれてきた幸運と不運

エピの生まれた時代を考えると、バブル期の真っただ中です。
高級品を持つことが当たり前の時代で、ルイ・ヴィトンは格好のターゲットにされていました。
そこに出てきたのがエピだったのですから、あっという間に人気に火がつきます。
こうした爆発的に売れ始めたラインは、火が消えるのも早いのは、どの時代も変わりません。
バブル崩壊期にもあたってしまったこともあり、エピの人気もどんどん陰っていくことになるのです。
ヴェルニがセンセーショナルなデビューを果たしたこともありましたが、エピの存在はどんどんと薄れていくことになります。

ですが、エピのデザイン性は、現在でも優れたものがあるでしょう。
そこで、最新のデザインに採用されたりすることもあり、復権を果たしてきているのです。

品質の高さとともに光る耐久性の高いデザイン

エピのデザイン性を見てみると、非常に品質が高く耐久性が高く作られています。
一見すれば、貧弱な印象さえ与えますが、型押し加工をして作られるため、他のラインよりはるかに高い耐久性を誇っているのです。
それもレザーとして、他のラインより強いのですから、驚くべき部分でしょう。
長く使っていても、エピの麦の穂をイメージした流れるようなデザインのおかげで、しわや傷もほとんど目立ちません。

長く使えるということでは、エピは他のラインに負けないデザインだったといっていいでしょう。
あまり知らない人から見れば、これがルイ・ヴィトンかと思われるかもしれませんが、商品の質の高さということも含め重要なラインであることは、これから先も変わらないのです。

ルイ・ヴィトンの通販・買取りのセレブブランド

http://www.celeb-brand.com/

偽物との戦いを続けるルイ・ヴィトン

ブランドイメージを重視するルイ・ヴィトン

ルイ・ヴィトンといえば、日本ではブランドとしてかなり高い位置にあると考える人が大半です。
こうしたブランドイメージは、ルイ・ヴィトンが作り上げてきた大事なイメージだといえるでしょう。
日々努力をするだけではなく、どうしたら向上できるのかということを研究し、強化してきているからこそ、こうしたイメージを持つことができるのです。

偽物との戦い

ルイ・ヴィトンのブランドイメージ構築ということでは、偽物との戦いということがあります。
日本でも多くの偽物を見かけたりしますが、常に戦いの歴史だったのです。
高いブランドイメージを持つルイ・ヴィトンだからこそ、その恩恵にあずかりたいと考えたりする偽物が出てきます。
もちろん、品質の悪い偽物であれば何ら問題もありませんが、ほとんど区別がつかないような手の込んだものまであるのです。

ルイ・ヴィトンは、偽物を駆逐するために徹底的に活動します。
これがブランドと顧客との信頼関係の基礎となっているのは明白でしょう。
モノグラムがルイ・ヴィトンの代名詞的となっているのも、こうした戦いがあったからです。

偽物の対策には、いろいろな方法があります。
相手に対する警告も行っていますが、それ以上にオリジナリティあふれるラインを発表することを考えているのです。
これにより独自性を保つことができるようになるのです。
その上に商標登録になどで権利を保護をおこなっています。

セカンドラインを認めないということ

ルイ・ヴィトンには、セカンドラインが存在しないということも、偽物対策になっています。
メインブランドよりも、少しでも安価に出すことで市場に浸透させようというのがセカンドラインの考え方です。
有名なところでは、プラダに対するミュウ・ミュウでしょう。

セカンドラインは、市場に浸透させる目的のため、メインブランドよりも安価です。
当然、品質も下げなければいけません。

こうしたアプローチをルイ・ヴィトンは嫌うのです。
自ら価値を落とすようなアプローチをすることにより、偽物の発生を高め、ブランドのイメージを下げることになるからといえるでしょう。

セカンドラインが悪いというわけではありません。
市場浸透ということを考えれば、とても重要なことなのです。
しかし、高級ブランドとしてのイメージを維持し、偽物を発生させないようにするためには、セカンドラインの存在が邪魔になってしまうといえるでしょう。
ここまでルイ・ヴィトンは、徹底して偽物と闘っているのです。

ルイ・ヴィトンの通販・買取りのセレブブランド

http://www.celeb-brand.com/

ルイ・ヴィトンがここまで好まれる理由は高い品質にあり

日本人がルイ・ヴィトンを好む理由のひとつ

ルイ・ヴィトンが日本で好まれている理由は、何もブランドというものに対する意識が高いというだけではありません。
そこには、品質へのこだわりということがあるからこそ、日本人はルイ・ヴィトンを持ちたくなるのです。

ルイ・ヴィトンは、市場のニーズに対する適合性だけを求めたりするわけではありません。
もちろん、競合ブランドに対しての優位性ということもありますが、それ以上にルイ・ヴィトンというブランドに対して、絶対的な品質が重要視されるのです。
こだわりを強くすれば、それだけコストが高まります。
当然価格も高くなりますが、ユーザーがその価値を認めているからこそ、ルイ・ヴィトンは成り立っているといえるのです。

モノグラムに見る品質

ルイ・ヴィトンといえば、代表的ともいえるのがモノグラムでしょう。
歴代のラインの中でも、最も有名なデザインです。
このモノグラムは、LVに対して花柄が配置されたデザインになっていますが、LVの柄が必ず製品の正面か中央にくるようになっていることはあまり知られていません。
真贋を見分ける一つのポイントでもあるのですが、製品の構造上正面か中央が難しい場合には、左右対称になっているのです。
バッグでも小物でもモノグラムであれば、絶対決められたルールになっています。
このモノグラムの位置が狂い、ずれたりするなどということはあり得ません。
徹底したこだわりを見せる部分ですが、これこそがルイ・ヴィトンの真骨頂といえる部分なのです。
このこだわりがさまざまなところに見えるからこそ、日本人はルイ・ヴィトンを好むといえるでしょう。

ルイ・ヴィトンにはアウトレットはない

品質に絶対的なこだわりがあるルイ・ヴィトンですので、アウトレットということも許しません。
アウトレットにもいろいろな形がありますが、予め不良率を計算し、多めに作ったものをアウトレット品とすることがあります。
逆に言えば、不良率がゼロであれば、こうした商品は生まれません。
納品予定数だけを丁寧に作ればいいということになるでしょう。

ルイ・ヴィトンは、自社製品を自社で販売する態勢を取っています。
工場も自社工場で、外注ではありません。
つまり、高い品質を維持することによって、アウトレットに回すような品物を作らせないのです。
これもブランドイメージの一つであり、確実に価値のあるものを提供するルイ・ヴィトンの姿勢を見て取ることができるのです。
だからこそ、正規品は高い品質を維持しており、安心して購入することができるといえるでしょう。

ルイ・ヴィトンの通販・買取りのセレブブランド

http://www.celeb-brand.com/

エナメル加工のルイ・ヴィトンのヴェルニーに魅力

ルイ・ヴィトンの中でもエナメル加工のヴェルニー

常に新しい革製品を送り出してきているルイ・ヴィトンは、創業者であるルイ・ヴィトンが革のカバン職人だったことからスタートしています。
だからこそ、現在に至るまで、多くの商品が皮革製品となっているのです。
それが最近になり、革製品に混じって、エナメル加工されている商品が増えてきました。
モノグラム・ヴェルニーラインが主な種類で、革製品とは、違った趣があるラインとなっているのです。
ただし、ヴェルニーの外側はエナメル加工ですが、内側はしっかりとした皮革で出来ています。
そういった面からも、これもまた革製品のひとつの形であるといっていいでしょう。

若者志向であることの魅力

ルイ・ヴィトンのカラーイメージは、茶褐色や茶色の生地といったところになるでしょう。
落ち着いたイメージがありますが、モノグラムやダミエの影響のはずです。
ところが、カラフルな色使いのエピが1985年に発表され、かなり変化してきました。
若年層が好むようなカラフルな色合いが増えていったのです。
これも世の中の流れですが、その中でヴェルニーラインも誕生しました。
モノグラムやダミエといえば、どんな服装でも合うイメージがありますが、エナメル加工で光沢のあるヴェルニは何でもいいというわけにはいかないでしょう。
それでも、このカラフルで光沢のあるヴェルニーは、若い女性から大いなる支持を受けることになって行くのです。
今では欠かせないものとなったといっていいでしょう。

ヴェルニーの表面を見ると、実はモノグラムの柄が型押しされていることがわかります。
これが、モノグラムの派生ラインである証拠です。
ただし、プリントではなく型押しと言うところが大きな違いであり、魅力の一つになっているといえるでしょう。

撥水性の高さと見た目の問題を考慮する

エナメル加工してあるヴェルニーラインですので、撥水性が高く普段使いにも困りません。
革製品の場合、どうしても水分に弱い特性を持っていますが、ヴェルニーなら心配はいりません。
もちろん、ルイ・ヴィトンですので、頑丈で簡単には壊れませんし、長持ちさせることもできます。
光沢があるおかげで、どうしても安っぽく見えてしまうのは欠点でしょう。
高級というほどまで高額ではないということもありますが、そこを踏まえて手軽に使うということを考えると、不自然にもならず使っていくことができるはずです。

ルイ・ヴィトンの通販・買取りのセレブブランド

http://www.celeb-brand.com/

ルイ・ヴィトンは財布も実は大人気

ルイ・ヴィトンは鞄だけじゃない

日本人に大人気なルイ・ヴィトンですが、いったいどんな商品が人気があるかということは気になるところでしょう。
鞄職人だったルイ・ヴィトンなのだから、鞄だと想像するのは日本人だからです。
日本人は、ルイ・ヴィトンの鞄が大好きで、人気商品であることは間違いありません。
ですが、財布も人気の高いアイテムであることを忘れてはいけないのです。

腕の良い鞄職人だったこともあり、当時作られた財布は使用感がよく、人気になって行きました。
現在でも、一度財布を使用すると、次に買いかけるのもルイ・ヴィトンにする人が多いのは、使用感の良さがあるでしょう。
鞄に比べると、価格帯も手ごろであるというのが、人気をそこ坐さえしている理由にもなっています。

財布の代表といえるダミエとモノグラム

ルイ・ヴィトンの財布といえば、非常に多くのラインを展開が魅力の一つになっているでしょう。
中で人気が高いのが、最古のラインであるダミエと定番といえるモノグラムです。
モノグラム濃い茶色にLとV、そして花柄、星が施されたデザインで、とてもよく目立ちます。
ルイ・ヴィトンの財布の大半は、モノグラムかダミエのどちらかでしょう。

モノグラムとダミエのラインナップ

一口にモノグラムといっても、本当は数多くの種類があります。
もともとモノグラムとはLやVが施されているデザイン全般を指しているため、多くのバリエーションがあるのです。
例えば、柄の大きさが通常のモノグラムの二回り小さいモノグラム・ミニがあります。
生地にデニムを用いたモノグラム・デニムはかなり有名でしょう。
女性に人気のデザインが、モノグラム・ヴェルニーで、柄が型押しででき上がっているため、立体的なデザインが特徴となっているのです。
日本でもよく見かけるのが、モノグラム・マルチカラーで、白地に様々な色のモノグラム柄が施されたデザインになっています。

ダミエのラインナップは、ルイ・ヴィトンの最古のラインでもあります。
一時中断していた時期はありますが、近年になって復活してきました。
そのため落ち着きのある、伝統を重んじるラインといって良いでしょう。
モノグラムがカラフルな色を使ったりすることを考えると、ダミエは落ち着きということをベースにしているといっていいでしょう。

茶褐色のチェス盤が定番ですが、アズールのようにちょっと変わったダミエ商品もあります。
白とグレーのカラーリングでできている商品で、リビエラ海の海と砂をイメージして出来上がりました。
だからこそ、紺碧を意味するアズールという名称がついているのです。

ルイ・ヴィトンの通販・買取りのセレブブランド

http://www.celeb-brand.com/

メンズのためにできたルイ・ヴィトンのタイガ

定番ラインからメンズを意識したラインへ

ルイ・ヴィトンには定番ラインのモノグラムやダミエがあります。
どちらかといえば地味なラインであったこともあり、カラフルな色使いのエピが1985年に誕生し発売された時には業界中に衝撃を与えたのです。
その後、ルイ・ヴィトンの本格的なメンズラインとして登場したのがタイガでした。
これが、多くの男性が待っていたラインでもあったのです。

タイガはライン自体が男性を意識して作られました。
明らかに女性向きではなく、ビジネスやフォーマルまで意識したデザインなのであり、洗練された男性といったイメージになっているといえるでしょう。

タイガの前に出ていたエピは、横に流れるような型押しが特徴で、これが風に流れる麦の穂に見えていたことから名づけられました。
グレインと呼ばれる押し型で、ツートンカラーにも見えるという、特殊な感覚が人気になったのです。
タイガにもエピ同様に、カーフを素材としてグレインが施されています。
エピとの違いはといえば、タイガはエピに比べてとても細かい模様が型押しされているところでしょう。
これがツヤ消しのような感じを与えているのです。

さりげないシックなラインがメンズ向き

タイガを使った商品ラインナップは、普段使いできるものが中心となっています。
ビジネスバッグや財布、手帳を初め旅行バッグなどもそろっているのです。
こうしたアイテム類は、メンズ向けのモノグラムやダミエではどうしても目立ってしまい、マイナスのイメージになってしまうものが多いでしょう。
これらの商品とは違うタイガのイメージは、男性らしさを出しているだけではなく、フォーマルにも使える商品展開となっているのです。
これが重要でしょう。

モノグラムやダミエは、誰が見てもすぐにルイ・ヴィトンだとわかるラインです。
それがよさでもありますが、タイガは隅にLVが一つだけ型押しされています。
このさりげなさが、男性用としては重要なものとなっているといえるでしょう。

カラーは3色に絞りこんである

タイガというと、よく見かける色がエピセアと呼ばれる深緑です。
これは、タイガの発売当初からあるカラーで定番とされています。
とても落ち着いた色合いであり、メンズ商品として長く使うことを意識して設定されたカラーなのです。
その他には、チャコールグレーに近いアルドワーズや、ダークブラウン系のグリズリを合わせて計3色の展開となっています。
特に新色のグリズリは、モノグラムやダミエに似ていたりしますが、グレイン加工になっている分だけ違いを感じることができるでしょう。

ルイ・ヴィトンの通販・買取りのセレブブランド

http://www.celeb-brand.com/