Archives

ダークブラウンとブラックの配色が美しいモノグラム・マカサー

ビジネスユースでも十分に使えるモノグラム・マカサー

ルイ・ヴィトンにとって、シンボルともいえるのがモノグラムです。
世界中のどの国で見ても、ルイ・ヴィトンといえばモノグラムであるといっていいほど、象徴的なラインになっています。
このモノグラムキャンバスを使い、滑側の部分にブラックレザーを使ったのが、メンズラインであるモノグラム・マカサーなのです。

ルイ・ヴィトンにとって、顔ともいえるLVのイニシャルや星と花柄の模様はそのまま生かしてあります。
そこに、ブラックの生地を使っているところが、とても大人な雰囲気を作りだしながら、スタイリッシュにまとめているのです。
どこかアンティークな香りも漂わせつつ、渋くまとめてあるのは、やはりメンズラインといえます。
とてもクールであり、ビジネスシーンでも十分に使うことができ、プライベートでもそこまでの違和感を感じることはないでしょう。

黒壇から受けたイメージを具現化

このモノグラム・マカサーは、メンズスタジオでデザインされました。
当時のディレクターである、ポール・エルバースがアフリカ大陸の王族にヒントを得て作りだしてきたのです。
こうした発想はよくあることですが、王族という人々が現代社会で活躍する姿は、大きな感銘を与えたのでしょう。
そこから、ラグジュアリーなデザインを作りだしたのですから、彼もまた天才であるといえるはずです。
今までルイ・ヴィトンにありそうでなかったアクセントは、強いイメージを残すこととなりました。

このマカサーという名前は、最高級素材として知られる黒壇の一種です。
ダークブラウンとブラックのコントラストが美しいインドネシア産のマッカサル・エボニーという気がありますが、これがマカサーの配色を生みました。
マッカサル・エボニーに負けないほど強い印象を与えることになったのですから、素晴らしい配色だといえるでしょう。

定番化していくマカサーのデザイン

このマカサーは、2009年に発表されることになりますが、数量を限定した発売だったこともあり、大きな人気になりました。
現在ではなかなか手に入れることができませんし、かなりの高額で取引されています。

スーツと似合うというところも人気となり、この配色の組み合わせは、定番ラインとしていろいろと作られるようになったのです。
そのおかげでいろいろと見かけるようにはなりましたが、すべてはこのマカサーから始まったといっていいでしょう。

ルイ・ヴィトンの通販・買取りのセレブブランド

http://www.celeb-brand.com/

新たに生まれたVラインはこれからのルイ・ヴィトンの提言

大きな変化を見せてきたメンズコレクション

ルイ・ヴィトンは、ニコラ・ジェスキエールがデザイナーとなり、メンズコレクションにはキム・ジョーンズがチーフディレクターにつくことでさらに大きな変革の時期を迎え始めました。
今までにあった保守性も重要なことではありますが、ニコラ・ジェスキエールたちは、これまでにはなかった新しい命を吹き込み始めたのです。

その中でも、2015年に発表されたVラインは、都会的な男性のライフスタイルをコンセプトとした新作レザーラインになっています。
一見しただけでも、これまでのルイ・ヴィトンのメンズラインとは、明らかに違うということがわかるはずです。

見た目以上に圧倒的な機能性

このVラインの特徴は、圧倒的な機能性にあります。
その設計によって、体に馴染むよう形に作られており、使いやすさも計算尽くされているのです。
非常にしなやかなシェイプに見えても、実は高い機能性を維持しています。
外側には、ジップポケットがありますし、内側にはコンパートメント、取り外し可能なストラップを装備するなど、実用性という意味で高い能力を持っているのです。
こうした要素だけではなく、持って歩くことを考え、驚くほど軽量にし上がっています。
都会的なライフスタイルにも似合うように、今までのルイ・ヴィトンの殻を脱ぎ捨てスタイルとして確立してきているのです。

変化の激しい現代社会でも

Vラインの素材に使われているレザーには、普段から使いやすくなるように、最先端の撥水加工が施されています。
メンズラインということを考えて、普段のビジネスシーンであっても機能的に活用できるように、素材も革新的な進化を見せているのです。

青と赤と白で構成されたVのシグネチャーは、今までのルイ・ヴィトンには見られなかった部分でしょう。
すべて機能的な中に、Vの文字を入れることで、普遍性を持ち合わせながらも、これもルイ・ヴィトンであるという提言を表現しているのです。

ルイ・ヴィトンもいろいろなメンズラインを発表し、新しい人材たちが、新たなステージに引き上げ始めたともいえるでしょう。
メンズということを考えても、常に最先端にある現代社会の中で存在感を示すことができるようになってきているのです。
ただでさえ変化の激しい現代社会なのですから、その世界を自由に闊歩することができるマストアイテムとして、Vラインはルイ・ヴィトンの新しいスタイルといえるでしょう。

ルイ・ヴィトンの通販・買取りのセレブブランド

http://www.celeb-brand.com/

使い方一つで便利になるルイヴィトンのウエストポーチ

両手を開けることができるウエストポーチ

ウエストポーチは、両手がふさがらないという特徴のあるバッグです。
両手が開くということは、その分荷物を持つことができることも意味しますし、安全のためにも重要なことになるでしょう。
ほんの少しのことですが、これは大きなポイントです。

旅行に行く場合などでは、腕に持たずに安全に荷物を持つことができます。
デイパックなどを背中にしょって歩くのは、国内旅行では問題もありませんが、海外ではかなり危険なことになってしまうことだってあるのです。
その点で、ウエストポーチは、腰に縛り付けるために簡単にとられることもないでしょう。
自分の正面方向に向ければ、かなり安全に使うことができるのです。
これから先、オリンピックなどの観光を考えたりするのであれば、荷物の維持のためにもウエストポーチは重要でしょう。

ルイ・ヴィトンにもいろいろあるウエストポーチ

ルイ・ヴィトンにもウエストポーチがあります。
ファストやジェロニモス、ジョギングバッグになりますが、ポシェットマレルも大きな意味では当てはまるでしょう。
非常に多くの種類があるのですが、その用途も感が選ばなくてはいけないでしょう。
ファストやジェロニモスの場合には、旅行に行くときにも使うことができるでしょう。
安全に荷物を持つことができるようになります。

ジョギングバッグの場合には、その名の通り運動に向くように作られているのです。
細かい間仕切りよりも、ポケット自体を分けることで、簡単に取り出せるようにしてあったりします。
機能的な問題を考えれば、大きな荷物を持って走るわけではないのですから、こうしたつくり方のほうが便利でしょう。

それに比べると、ポシェットマレルは、デザインを重視しているバッグになっています。
ちょっと留めるのが面倒なバッグですが、かわいいデザインは他にはありません。
ちょっと高さが低いところが問題で、うまく入らないことも出てくるかもしれませんので、入れたいものをチェックしてからにしたほうがいいでしょう。

何に使うのかを明確に

ウエストポーチは、非常に便利なバッグではありますが、何でもできるというわけではありません。
実はたくさんの荷物を入れることは苦手で、重くなると落ちてきてしまうことも出てきます。
安全ということを考えても、荷物を持っていることを自分からアピールすることになるため、財布などは入れないようにすることも重要でしょう。
サブバッグとしては、重要なバッグになりますので、どんなものを入れるのかを考え、選んでいくことがポイントになるのです。

ルイ・ヴィトンの通販・買取りのセレブブランド

http://www.celeb-brand.com/

かばんや財布などとは一味違うルイ・ヴィトンの手帳

持っているだけでできる大人に見える手帳

ルイ・ヴィトンといえば、やはりバッグや財布であることは間違いありません。
ですが、ビジネスマンに人気なのは他にもあるのです。
それが、必須ともいえる手帳だったりします。
実は、ビジネスシーンを見ていると、ルイ・ヴィトンの手帳を使っている人は割りと多いことに気がつくでしょう。
会議やプレゼンの場で目にすると、ちょっとできる人といった雰囲気を醸し出します。

ルイ・ヴィトンの手帳の場合、大半はモノグラムやダミエです。
他にもいろいろと使われているため、手帳は多くの商品展開があったりする商品だったりもします。
実際にモノグラムマルチカラーやモノグラムデニムもありますし、エピやタイガもある人気商品なのです。

国際規格になっているのならすぐにでも交換可能

現在使っている手帳を別のものに変えるということは、かなり面倒なことでしょう。
今まで使っていた分だけ記入したものがあり、これを書き換えなければいけないのですから、とても面倒です。
しかし、現在の手帳は中身はそのまま使い、手帳カバーを交換するというのが主流になっています。
これなら簡単に手帳を変えることができるでしょう。

たあし、注意しなければいけないのが、その中身の規格です。
国際規格に合っているシートならば、6つの穴が開いているタイプでしょう。
6穴リファイルといるタイプです。
この国際規格になっているのであれば、ルイ・ヴィトンの手帳のカバーに変えることができます。
これから先、手帳を考えるのであれば、こうした企画も考えて買ってみるといいでしょう。

実用性を考えて作られているからこそペン差しがある

手帳を使うときには、筆記具が必須です。
ですが、意外とペン差しがついているブランふぉものの手帳は少なかったりします。
ルイ・ヴィトンの手帳の場合には、しっかりと取り付けられていますので、実は実用性に富んだ手帳だったりするのです。
当たり前のことと思われるかもしれませんが、ファッション性を重視しがちで、こうした部分は外されていることが多かったりします。
この辺りが、ルイ・ヴィトンが機能性を重視しているブランドであるという証といってもいいでしょう。

ルイ・ヴィトン手帳の手触りは、fILOFAXに似ているといわれています。
最高級ブランドとして知られている手帳メーカーですが、かなり感触が近いことから、多くの人に好まれていたりもするのです。
そのため、ひとつ持っていると、とてもできる大人に見えてくるから不思議なものといえるでしょう。

ルイ・ヴィトンの通販・買取りのセレブブランド

http://www.celeb-brand.com/

ルイヴィトンの高い技術の積み重ねが生んだスイート・モノグラム

ルイ・ヴィトンの誇るモノグラム

ルイ・ヴィトンには、さまざまなラインがあります。
典型的なのは、なんといってもモノグラムでしょう。
日本の家紋をモチーフにして作られたといわれており、創業者のルイ・ヴィトンのイニシャルであるLVと星と鼻を組み合わせて1896年に作られました。
現在では、ルイ・ヴィトンといえばこれというほど浸透したラインだといえるでしょう。

実はこのパターンには、製品に対して正対するように配置されています。
非常に考えられたデザインで、途中で切れてしまったりしないように配慮もされているのです。
もしも、モノグラムの位置や形がおかしいのであれば、それは偽物であるとわかるようにしているのは、ルイ・ヴィトンが常にコピー商品と闘ってきたからといえるでしょう。

揺るぎのないデザインだからこそ

非常に丁寧に加工されて作られるキャンバス地は、他にはないほど完璧にし上げられることで知られています。
伝統のノウハウがあるからですが、それだけ技術のある職人技がルイ・ヴィトンを支えているということでもあるでしょう。
完全な防水性も備えているだけではなく、表面に傷がつきにくい性質も与えたのですから、完璧な性能であるともいえるのです。

モノグラムは、基本としてダークブラウンのキャンバス地になっています。
いろいろなバリエーションもあったりしますが、それもこのモノグラムがしっかりしているからでしょう。
デザイン的に揺るぎがないからこそ、派生型も作っていくことができるのです。

派生型のデザインは、かなり目立つものが多いのも特徴といえます。
エレガントなモノグラムのイメージは残しつつ、新たなデザインと世界に挑戦しているものが多いのです。
その中の一つが、2014年に発表されたスイート・モノグラムでしょう。

技術の発展が生み出したスイート・モノグラム

スイート・モノグラムは、モノグラムのデザインを受け継ぎながら、かなりポップな仕上がりになっているのが特徴です。
ちょっと遊びさえ感じるデザインですが、ポップで楽しげな感じにし上げっています。
しかし、モノグラムが持つ規則性を兼ね備えているのですから、他にはない仕上がりといえるでしょう。

スイート・モノグラムは、バレンタイン用の特別なラインとなりました。
こうしたデザインを完成させることができたのも、モノグラムが優れたいたということもありますが、それ以上にコンピューターの発達もあるでしょう。
それまで職人の手作業で作られていたデザインから、優れた配置を規則的に作り出せるようになったのですから、技術の発展のすばらしさともいえるのです。

ルイ・ヴィトンの通販・買取りのセレブブランド

http://www.celeb-brand.com/

ルイヴィトンに古い流れと新しい血を吹き込んだアズール

市松模様を基にしたダミエ

ルイ・ヴィトンというと、日本の市松模様を基にしたデザインがあります。
それがダミエです。
市松模様と同じ、理路整然としたデザインは、非常に美しいものです。
こうしたリスペクトは、世界中にいろいろあったりもしますが、ここまではっきりとしているものも珍しいでしょう。

このダミエですが、非常に人気のラインでした。
最古参のラインでもあったわけですが、シンプルなデザインが足を引っ張ってしまい、コピー商品が大量に出回ってしまうのです。
結果的に、これがルイ・ヴィトンの首を絞め、ダミエ自体も製造中止に追い込まれてしまいます。
ここからルイ・ヴィトンとコピー商品の戦いが始まるといっていいでしょう。

惜しまれて廃盤となって行くダミエとマーク・ジェイコブス

ダミエは、惜しまれながら廃盤となりましたが、それだけに人々の記憶からも、ルイ・ヴィトンの歴史の中からも消えませんでした。
あまりにもシンプルで優れたデザインは、チーフデザイナーがマーク・ジェイコブスに変わったときに失われた時間を取り戻すのです。
マーク・ジェイコブスは、アニバーサリー規格の中で、復刻モデルを限定で生産することを決めました。
ここにおいて失われた時間を取り戻すことができるようになったのです。
多くの人の目に触れ、批評もされることになりましたが。これが復活の足掛かりとなりました。
現在でもダミエが多くの商品を彩っているのには、こうした歴史があるのです。
いいものは、どんな歴史があろうとも、どんな障害があろうとも、優れた評価を受ける例であるともいえるでしょう。
そして、ダミエアズールが生まれてくるのです。

新しい血を吹き込んだアズールの存在

アズールは、ダミエの新しいラインとして誕生しました。
色を変化させたものであり、アズールという言葉が意味する紺碧にぴったりのカラーになっています。
イタリアの有名リゾート地であるリビエラ海の青い海と砂浜をイメージして作られたアズールは、ヨーロッパの素晴らしい風景まで取り入れたのです。
この辺りの懐広さは、ルイ・ヴィトンの特徴ともいえるでしょう。

落ち着いたカラーのアズールですが、すでに定番化してきているといえます。
かなり斬新で、今までにはなかったようなカラーですが、最古参ともいえるラインが、新しい血をルイ・ヴィトンに吹き込んだともいえるでしょう。
新製品も数多く登場しており、これから先もルイ・ヴィトンを支えるラインとなること間違いないのです。

ルイ・ヴィトンの通販・買取りのセレブブランド

http://www.celeb-brand.com/

これからの注目ならルイヴィトンのアンプラント

まだ新しいアンプラント

ルイ・ヴィトンには、人気のラインがいくつもあります。
日本人の大好きなモノグラムやダミエもありますが、アンプラントも忘れてはいけないラインといえるでしょう。

2010年に販売が開始されたラインで、シンプルなデザインが特徴です。
レザーを染色した上に刻印が特徴で、非常に気品あふれたデザインになっています。
特に財布やバッグに似合うラインでもあり、女性的に見えるところもアンプラントらしさとして受け入れられているのです。
だからといって、メンズがないのかといえばそんなことはなく、財布にしてみると性別の垣根を超えた良さがあります。

暗めのカラーが似合う

カラーとしては、暗めのノワールなどが多くなっているのも特徴でしょう。
主体としては、暗色ではありますが、明るいカラーも用意はされています。
それだけに、カラーによって与える印象がガラッと変わってくるのです。
幅広い層に受け入れられているのも、こうした配慮があるといえるでしょう。

さらにデザインも豊富です。
財布やバッグに似合うというだけでも、かなりの数の商品を生み出しています。
それも機能性を併せ持ったものが多いのですから、人気になるのも当然のことでしょう。

これから先の主流になる可能性大

ルイ・ヴィトンのアンプラントは、非常に多くでまわっていますが、やはり圧倒多数派バッグとなるでしょう。
スマートなデザインでありながらも、機能性が高いモンテーニュは、2Wayバッグとして知られています。
ハンドバッグとしても活用できるデザインは、コンセプトとしてもアンプラントとぴったりなのです。
ビジネスシーンでも使えるということを考えると、暗めのカラーもぴったりと合うことでしょう。
もちろん、ショルダーとしても使いやすいのですから、機能美にあふれたバッグなのです。

デザイン的に目立ちにくいこともあり、大きめのバッグのほうがしっくりくることでしょう。
デザインの美しさも生かすことができるようになります。
こうしたバッグは、実用性を高く求めるということもあるため、アンプラントにするだけで、静かに個性を引き出すことができるようになるのです。

ルイ・ヴィトンというと、とかく前面に出てきがちなものが多いのも間違いありません。
しかし、アンプラントのようなラインを使えば、個性を抑えながらも主張することができるのですから、本来の力を引き出してくれるようになるのです。
これから先、さらに人気が高まっていくはずですので、注目のラインともいえるでしょう。

ルイ・ヴィトンの通販・買取りのセレブブランド

http://www.celeb-brand.com/

ココシャネルとのつながりからできたルイヴィトンアルマ

ココ・シャネルとルイ・ヴィトン

ルイ・ヴィトンのバッグは、さまざまなデザイナーも愛してきました。
その中でも定番といわれているアルマは、大人気のハンドバッグになります。
なぜここまでの人気になって行ったかといえば、このアルマはココ・シャネルが発注したバッグだったからです。
ココ・シャネルといえば、シャネルの創業者でもありますが、シンプルなデザインを要求したことから、素晴らしいアルマが出来上がりました。
そんな流れもあり、アルマは全世界でも人気のあるバッグとなったといっていいでしょう。

小さくても大きな収納力の先に

小さくても収納力を求められた結果、底に向かっていくと広がっている独特の形が出来上がりました。
簡単に出し入れすることができるようにファスナー開閉のメインポケットとなりましたが、底に近い部分まで開閉できることから、どんな荷物も簡単に取り出せます。
それでも、細かなモデルチェンジが繰り返され、さらに便利なバッグへと進化を続けているところは、ルイ・ヴィトンだからこそできることでしょう。

ラインとしても、モノグラムだけではなくなりました。
さまざまなラインにも展開され、自分にあったアルマを見つけることができるようになったのです。
特にそこに金具がつけられるようになり、重いものを入れても型崩れもしにくくなったのは、大きなポイントでしょう。
これが新旧のアルマを見抜くポイントにもなってくるのです。

年代に合わせたアルマの変化

90年代のアルマを見てみると、実はパッチポケットが1つしかありませんでした。
非常にシンプルなのは、底の荷物も簡単に引き出すことができるデザインだからです。
最近では、あまり見かけなくなってしまいましたが、とても多くのバッグが生産されてきました。
それが、2000年を超えたあたりから、携帯電話の普及が本格化しアルマにも取り付けられるようになったのです。
これはとても大きな変化であり、ポケットの構造がどんどん変化していきます。
2010年になるとパッチポケットと携帯電話用のポケットが隣同士になり、そこに金属鋲が追加されます。
さらに、2012年からはスマートフォンが入りにくかったことからパッチポケットのみに戻っていくのですから、面白いことでしょう。

アルマは使い勝手にこだわって作られています。
その時代に合わせ、いろいろな商品やアイテムが出回る中、本当にどんなものを持って歩いているのか、考えて設計されているといっていいでしょう。

ルイ・ヴィトンの通販・買取りのセレブブランド

http://www.celeb-brand.com/

ヴィトンの財布で人気のエピの買取を高めるために重要なこと

日本人が好むルイ・ヴィトン

ヴィトンといえば、日本人が好むブランドとして知られているでしょう。

特に財布は、多くの人が利用しています。

特に女性が目立つような感じがするのも、日本人特有の目線です。

本来のヴィトンの素材ということから考えると、モノグラムやダミエ、財布でも人気のエピは、ユニセックスな商品となっています。

タイガやダミエグラフィットは、メンズラインなのですから、実は男性向けが多かったりするのです。

女性用と銘打っていなければ、どちらが使っても、ほとんど違和感がないのも、日本で人気のポイントともいえるでしょう。

 

日本に親近感があることがわかるエピのカラーバリエーション

ヴィトンの財布に使われているラインの中でも、かなり新しいのがエピでしょう。

1985年に登場した新顔で、革に型押しのパターンが入っています。

1920年代にあったグレインのパターンがヒントになっており、1926年に原型が出来上がりました。

麦の穂を意味する言葉でもあり、独特の風合いが特徴ともいえるでしょう。

 

厚手の上質カーフが使われており、特殊加工をするときにクロム塩と植物タンニンを使うことで奥深くまで着色しているところが、エピのポイントになっています。

美しいカラーができ上がっているのも、この特殊加工のおかげですが、光の当たり方でも変化するようになっています。

こうした味わい深いカラーは、ヴィトンの中でもかなり特殊なイメージがあるはずです。

 

カラー展開もかなり多く、日本から発想を受けたジパング・ゴールドや千島列島を意味するクリール・ブラックというものもあります。

こうしたカラーがあるのも、日本に対して特別な感覚をヴィトンが持っているといえるでしょう。

 

買取を高めるためにはお手入れが重要

ヴィトンの財布は、買取でも高い人気を誇っています。

それだけ多くの需要があるということを表しているといえるわけですが、いろいろなことに気を付けていかなければ、買取は高くなりません。

 

傷やシミといったものは、味わいにもなってくるものですが、ヴィトンという性格を考えると、あまり好まれません。

できるだけきれいに使ってあげることが重要ですが、耐久性にも優れたエピだからこそ、月1回はミンクオイルで磨いたりすることが重要です。

柔らかい布を使い、汚れを落とし手から、ミンクオイルを塗ることにより、柔軟性も高めることができますので、傷もつきにくくなります。

乾燥防止にもなりますので、しっかりと行っておくことで、買取を高めることができるようになるのです。

 

ルイ・ヴィトンの通販・買取りならセレブブランドにお任せ下さい!

http://www.celeb-brand.com/

ショルダーバッグの中でもヴィトンのメッセンジャーバッグを使うならモノグラム よりダミエがねらい目

さりげなく使うのなら

ショルダーバッグの中でもメッセンジャーバッグというものは、様々なブランドから数多く発売されるようになりました。

男性であっても、ちょっと肩から掛けることで、手を空けることもできますし、荷物も入れやすくなっているということも重要でしょう。

その中でも、好きな人が見れば、その品質がすぐわかるというのもメッセンジャーバッグのよさです。

あくまでもデイリーユースとしてのバッグですから、さりげなく使うことが重要ともいえます。

ルイ・ヴィトンで考えると、モノグラムははっきりと主張できますが、さりげなく使うのであれば、ダミエを選択するというのも一つの方法でしょう。

 

市松模様がヒントとなったダミエ

ルイ・ヴィトンを代表するデザインとしては、ロゴをデザイン化したモノグラムがありますが、もっと落ち着いている市松模様に近いのがダミエになります。

このダミエは、2代目になったジョルジュ・ヴィトンが発明して1888年から発売し始めました。

日本の市松模様がヒントになっているとされており、品のよいデザインとして高い人気になったのです。

 

ですが、このダミエは商標登録とされるものの、わずか8年後の1896年には大量の模造品に悩まされることになります。

この時期のルイ・ヴィトンは、今よりも複製問題に悩まされた時期でもあり、結果としてダミエは姿を消すことになるのです。

世界初の商標を取得した商品でしたが、あまり効果がなかった時代でもあったといえるでしょう。

 

しかし、人気が高かったことに間違いはなく、1996年のモノグラム誕生100年に記念に復刻させた結果、1998年にマーク・ジェイコブスが完全復活させるのです。

これにより、現在のような定番ラインとなりました。

 

ビジネスシーンにも合うダミエ

ルイ・ヴィトンのメッセンジャーバッグとして考えてみた場合、だれが見てもわかるのはモノグラムであることは間違いありません。

ですが、男性が使うことを考えてみると、あまりブランドを前面に出すというのもいかがなものかということにもなりかねないでしょう。

特にビジネスシーンということを考えると、もう少し控えめにしたほうが、差しさわりがないと感じるのが当然です。

ダミエであれば、そこまで前面にブランドが出ませんし、わかる人は一目でわかるというところもポイントになってきます。

メッセンジャーバッグとして考えた場合には、いやらしさも出すことなく、さりげないおしゃれとしても使うことができるのです。

サイズもいろいろとありますので、どんなものを入れて歩くのかによって考えてみるといいでしょう。

 

ルイ・ヴィトン ダミエの通販・買取りならセレブブランドにお任せ下さい!

http://www.celeb-brand.com/