Archives

ルイ・ヴィトンのメンズのベルトを選ぶならどんなラインがいいか

メンズラインのベルトとしてはどんなものを選ぶべきか

ルイ・ヴィトンには、さまざまなラインがありますが、その中でもメンズのラインとして人気があるのはベルトでしょう。
さりげなくつけるおしゃれとして考えると、ベルトほど向いている場所はありません。
あまり表に見えないようにすることができるだけではなく、バックルなどにおしゃれを忍ばしてみるというのもベルトの醍醐味です。
ですが、人によっては、ブランドイメージが前面に出ることを嫌いますので、ルイ・ヴィトンは嫌という人もいます。
ですが、そんなラインばかりがルイ・ヴィトンではありません。
特にタイガを使ったりすれば、メンズのラインとして非常に優れたアイテムになるでしょう。

日本の文化から大きな影響を受けたライン

ルイ・ヴィトンのアイテムの場合には、いくつものラインに分けられて同じものも生産されることがあります。
代表的なラインとしては、モノグラムやダミエであることは間違いありません。
このどちらも実は日本に伝統的にあるものを参考にしたといわれています。

モノグラムは日本の家紋がモチーフになっています。
ルイ・ヴィトンの名前を使っているわけですが、このヒントは家紋だったのです。
ちょっとベルトにするにはうるさいラインでもあり、ブランドが前面に出てしまいますので、嫌がる人もいるでしょう。

ダミエの場合には、市松模様がモチーフになっています。
シンプルなデザインであり、単純だからこそおさまりがいいという部分があるのです。
ベルトにするのであれば、ダミエならおさまりもよくなることでしょう。
ただし、それでも色のトーンの違いは、はっきりと目立ちます。
服装を考えて使うことも、おしゃれには重要なポイントとなってくるでしょう。

フォーマルな場面でも使えるラインがタイガ

本格的なメンズラインとしては、タイガがあります。
1993年から始まったラインで、まだまだ若いのですが、上質さということでは群を抜いているといえるでしょう。
細かい模様の型押しになっているのですから、質感も適度な感じにし上がっており、ベルトにしても違和感がありません。
どこかにブランドネームがあったりするわけではありませんので、フォーマルなときにも使えることが大きなメリットです。

ベルトひとつをとっても、ルイ・ヴィトンは非常に多彩で面白いアイテムがそろっています。
ほかのメーカーにはない特色もいろいろとありますので、シーンを選んで使ってみるのもいいでしょう。

ルイ・ヴィトンの通販・買取りのセレブブランド

http://www.celeb-brand.com/

装いを締めることができるルイヴィトンのベルト

ファッションとして重要なベルト

服飾メーカーとして、さまざまな商品を作っているルイ・ヴィトンですが、ベルトも多数発表してきました。
ベルトと一口に言っても、アクセントとして考えた時には重要なアイテムとなるでしょう。
機能的には、パンツを支えたり、スカートを抑えたりするだけのものではありますが、色のアクセントを考えると、重要度はかなりのものとなるのです。
簡単にとらえがちですが、差し色としても全体を引き締めることができます。
機能的なことも重要ですが、おしゃれなアイテムとしても必要でしょう。
そんなベルトも、ルイ・ヴィトンにするだけで、まったく装いが変わってきたりするのです。

シックにまとめることができるメンズのベルト

ベルトということでは、やはりメンズのスーツ用があるでしょう。
しっかりと合わせなければ、どんなにスーツを着こなしても曇ってしまいます。
画竜点睛を欠くようなこととなれば、すべてが台無しですし、商談などでもお菓子な雰囲気になってしまうことでしょう。
そんなときに、ルイ・ヴィトンのベルトは活躍してくれます。

ルイ・ヴィトンというと、ブランドネームが前面に出ていて、かなり派手なものをイメージするでしょう。
しかし、メンズのベルトのラインは、シックな形にまとまっています。
黒の素材が多く、ダミエなどでも黒がベースになっているため、派手さがありません。
それどころか、かなり落ち着いているため、どんなスーツでも邪魔をすることなく、さりげないおしゃれをすることができるのです。
レディースのラインとは、ちょっと異なるイメージを持てることでしょう。
それだけに、このベルトをして、バッグを組み合わせたりすると、ベルトを引き出してしまいさりげなさが消えてしまうかもしれません。
そうした配慮も考えていくことが必要でしょう。

メンズとは違うサンチュール

レディースには、サンチュールのラインがあります。
帯やひもということを意味する言葉で、帯状のベルトだけこの名前が付けられているのです。
これ以外のベルトに関しては、チェーンなどの帯以外の形状になっているところがポイントといえます。

レディースのベルトは、差し色やアクセントに使うことが多いでしょう。
そのため、バックルもかなり豪奢なものが多くなっています。
ルイ・ヴィトンをしっかりと前面に出し、他の部分の注目を逆に引っ張ってくることができるのです。
これにより、バッグなどと合わせても、何か嫌味な感じを引きたてることなく、トータルコーディネートもできるようになります。

ルイ・ヴィトンの通販・買取りのセレブブランド

http://www.celeb-brand.com/

ヴィトンのモノグラムやダミエの並行輸入品は安全なのか

並行輸入品とは何か

ヴィトンにも多いのが、並行輸入品でしょう。

最近では、正規品以上に見かけることがあります。

いったいどんな意味があるのか、そのヴィトンのバッグは購入してもいいものなのか、考えてみる必要もあるはずです。

 

正規以外のルートでの購入が並行輸入品

基本として、正規輸入品に対応する言葉であり、正規ルートではない方法で輸入してきたものが、並行輸入品になります。

正規輸入品は、メーカーや関係者が輸入して販売するわけですが、並行輸入品の場合には、まったく関係のない人が輸入してくるところに大きな違いがあります。

その販売者が輸入しているとは限らず、ネットショップなどで購入して販売しているものも、並行輸入品といえるでしょう。

 

並行輸入品だからといって、中古品を購入しているというわけではありません。

正規品は、メーカーやブランドが販売していたり、正規代理店と呼ばれる契約者が直接購入したりしたことにより仕入れた商品を販売しています。

並行輸入品の場合には、ブランドの直営ショップで購入して販売しているケースが中心であり、使っていない新品を販売していると考えるとわかりやすいでしょう。

 

並行輸入品は信頼できる相手から

ヴィトンのバッグの中でも、モノグラムは人気が高いことから、並行輸入品も多数でまわっています。

これぞヴィトンであるといえるものが多く、だれが見てもわかることから、購入希望者が多いということが、並行輸入品を増やしている要因ともいえるでしょう。

続く人気の柄でもあるダミエも数多く並行輸入品が存在しますが、モノグラムより数は劣ります。

 

並行輸入品の場合、ヴィトンでも、かなり値段が安くなっているものがあるでしょう。

中には、日本未発売のものを手に入れることができたりもします。

ですが、非正規品でもあるため、修理ができなかったり、返品を受け付けることができなかったりすることも多くあるのです。

ただし、本来偽物ではないものですので、独占禁止法により対応をすべて断るということは違法でもあります。

 

もう一つ注意しなければいけないのが、仕様が異なる可能性があるということでしょう。

バッグでも同じように見えて、細部が日本仕様と異なる可能性があるということです。

こうした部分を楽しんでみるのも、ヴィトンの楽しみの一つであるともいえるでしょう。

 

よく勘違いされることもありますが、並行輸入品は違法ではありません。

日本以外の国では違法とされることもありますが、本物を購入して着て販売するのであれば、何も問題はないのです。

ですが、偽物を並行輸入品と偽る業者も存在します。

信用できるところで購入するようにすることが、最も大切だといえるでしょう。

 

ルイ・ヴィトンの通販・買取りならセレブブランドにお任せ下さい!

http://www.celeb-brand.com/

ダミエやモノグラムもあるヴィトンのベルトとサンチュール

隠れたところのおしゃれを

おしゃれというものは、何も見えるところだけではありません。

隠れてしまうことがわかっていても、さりげなくおしゃれをすることがポイントといえるでしょう。

特にちらりと見えるところにセンスが隠れていると、それは大きな変化をもたらすことになるのです。

 

男性では、よくネクタイにポイントを置いたりすることがあります。

スーツは男にとっての作業着だから、消耗してもしょうがない。

だけど、ネクタイだけはという人が多いのです。

しかし、ネクタイはかなり目立つ部分であることを考えると、ベルトにポイントを置くのもいいでしょう。

ルイ・ヴィトンのベルトであるサンチュールをさりげなくつけてみると、その良さもはっきりとわかるようになるはずです。

 

帯やひもを意味するサンチュール

サンチュールとは、帯やひもという言葉を意味しています。

ルイ・ヴィトンには、レディースのベルトとしてサンチュールと名前が付かないものもあるのです。

こちらは帯状になっておらず、チェーン状になっていたりするものです。

メンズではほとんど見かけることはありませんが、ここで少し区別をしてみるのもいいでしょう。

 

計算されたデザインだからこそ

サンチュールには、モノグラムもありますし、ダミエもそろっています。

ですが、単純に革をカットして作られているわけではなく、しっかりとデザインを計算して作りこんでいるところがルイ・ヴィトンといえるでしょう。

 

バックルもいろいろな種類がありますが、なんといってもVLバックルが目立ちます。

スーツを着ても、間から見えるバックルは、ベルトの命ともいえる部分です。

ここにセンスを光らせることは、重要なことといえます。

 

それでも、ちょっとカジュアルにシフトしてしまうことは否めません。

あまり目立たないバックルも用意されていますが、そこはルイ・ヴィトンです。

さりげなく縁取りをプラスしたり、ループ部分にロゴが入っていたりします。

こうしたさりげなさで演出できるところが、ベルトのおしゃれの真骨頂ともいえる部分でしょう。

 

実は、裏地にもこだわりがあります。

表とはまた違った風合いになっており、まるで美術品のように仕上がっています。

ベルトを締めた時に、しっくりとするのは、こうした裏地の作りにあるともいえるでしょう。

ほんの少しの工夫と見えるかもしれませんが、こうしたこだわりが本来のルイ・ヴィトンの姿だといえるのです。

見た目に美しいだけではありません。

高い機能を持つからこそ、世界で認められているブランドになっているのです。

 

ルイ・ヴィトン ダミエやモノグラムの通販・買取りならセレブブランドにお任せ下さい!

http://www.celeb-brand.com/

使ってみると違いがはっきりとするヴィトンのマフラー

【ファッション性よりも実用性を追求しているヴィトンのマフラー】

ヴィトンは数多くのバッグを生産し、世界から認められているメーカーです。

旅行鞄専門店から始まったメーカーですので、耐久性に優れた素晴らしいバッグを作ります。

ですが、それだけで終わらないのがヴィトンでもあり、バッグに合わせることができるアパレルも数多く出しているのです。

しているととても目立つマフラーも、その中の一つに挙げることができます。

 

こういったブランドのアパレルは、あまりゴージャスなものはないと考えることが一般的です。

ブランドイメージを強く出すことはできても、そこまで品物としての質は高くないというのが通常の解釈でしょう。

確かに、素材にこだわらず、ファッション性を追求する場合が多いのも事実です。

しかし、ヴィトンは質を重視するメーカーでもあり、マフラーに関しても非常にゴージャスで高い肌触りの商品を多く発表しています。

 

【肌触りは最上級品】

マフラーとして人気が高いものとして、エトル・レオパードがあります。

とかく人気が高く、すぐに売り切れてしまうことでも知られており、リサイクル品ですら手に入れるのが困難といわれる商品です。

実際に身につけてみるとわかりますが、カシミヤを使っているだけではなく、シルクも素材として用いており、他の既製品とは肌触りが全く異なります。

プリーツ加工が施されていることにより、ガーゼのような優しさを持っているのも特徴です。

ブランドイメージも大切にしていますが、靴などと同様にあまり前面に出ないよう配慮されているのも、人気の秘密になっているでしょう。

世界のセレブ達もこぞって身につけている人気の逸品です。

 

【ブランドを前面に出すのなら】

ちょっとシャネルのようではありますが、モノグラムを前面に出して作られているマフラーがエシャルプ・ロゴ・マフラーです。

厚手のマフラーですので、温かさは折り紙付きですが、何よりも大きく織り込まれたモノグラムが目につきます。

カラーもいろいろと作られてきましたが、人気となっているのはピンクでしょう。

年によっては生産されることがない時もありますので、見つけたら手に入れてしまうことが重要です。

 

もうちょっとおとなしいデザインが良ければ、パッチワークロゴマフラーもあります。

モノグラムがレザーパッチワークのように配置されているデザインですので、織り込まれているよりはおとなしくなります。

それでも、ヴィトンのブランドイメージを出すことができますので、ヴィトン好きには欠かすことができないものとなっているのです。