Archives

デザインも優れているルイヴィトンの腕時計

ルイ・ヴィトンは時計だけじゃない

日本人が持っているルイ・ヴィトンのイメージというと、バッグのメーカーだということになってしまうでしょう。
それだけ日本人が好きなメーカーであるともいえます。
ですが、財布などの小物も作ってるトータルファッションメーカーだということを忘れてはいけません。
最近では時計も作っているということも忘れてはいけないでしょう。

2002年9月に発表したのが、初めてのルイ・ヴィトンが発表した時計がタンブールでした。
それまでのルイ・ヴィトンは、当然時計など作ったことはありません。
そのルイ・ヴィトンが時計にまで手を出したと、大きなニュースになったのです。
ただ単に時計を売るということであれば、そこまで話題にもならなかったのですが、ルイ・ヴィトンが作って販売するというところが重要です。
自社製のムーヴメントを開発し、製作販売するというのは、時計メーカーに対しても驚きを与えました。
こうした一貫生産能力は、ファッションメーカーの多角化が進んだということも表していたのです。

自社製品にこだわり続けるだけじゃない柔軟性

ルイ・ヴィトンの時計は、その後さまざまなタイプが発表されるようになりました。
中心となったのはタンブールで、いろいろな種類が販売され、クロノグラフも誕生したのです。
車をモチーフにしたデザインであり、旅を楽しむことができる相棒として使えるようになっています。
面白いところとして、平均時速を計測できるタキメーターメモリが搭載されているというところでしょう。
それだけ高い性能を証明したともいえるのです。
ですが、クロノグラフに関しては、自社製品ではなく、デュポア・テブラ社がルイ・ヴィトン専用に設計したものになります。
何も一つのことにこだわり、性能を落としたりするのではなく、必要であれば外部の力も借りるのです。
こうした柔軟性も兼ね備えているメーカーだといえるでしょう。

バッグにも引けを取らない性能と美しさ

ルイ・ヴィトンの時計には、非常に豪華なものも用意されています。
時計という性能だけではなく、ファッション性を追求したモデルもあるのです。
それもかなり豪華なモデルであり、機械式時計として重力誤差まで調節できるのですから、見かけ倒しではありません。
もちろん、ダイヤモンドがちりばめられており、豪華さという面でも引けを取ることはないのです。

見た目も性能も高い次元でまとめられているのが、ルイ・ヴィトンの時計の特徴といえます。
使い勝手にも優れているため、バッグと合わせて使ったりするのにも劣らない時計となっているのです。

ルイ・ヴィトンの通販・買取りのセレブブランド

http://www.celeb-brand.com/

ピアスだけ選択肢ではもったいないルイヴィトンのイヤリング

ピアスだけがメインじゃない

最近は、ピアスがメインと思っている人もいるでしょう。
しかし、つけている間に金属アレルギーになってかぶれてしまう人もいます。
お手入れをしていかなければ問題があるのも、注意しなければいけないポイントでしょう。
その点で、イヤリングは簡単につけられますし、お手入れもいりません。
特にボブなどミディアムヘアの場合には、小さいものを付けるだけでも違いがありますし、フープタイプを付けるだけでとても映えます。
ピアスだけではなく、改めてイヤリングを考え直してみることも必要でしょう。

イヤリングもたくさんあるルイ・ヴィトン

ルイ・ヴィトンには、ピアスだけではなく、イヤリングもたくさん存在します。
フープタイプも用意されていますので、ミディアムヘアにもぴったりです。
大半はピアスですが、こうしたバリエーションも用意されているのは、さすがのルイ・ヴィトンというところでしょう。

他にも、ピアスで用意されているアルファベットをモチーフにしたイヤリングもあります。
自分の名前に合わせてもいいですし、気に入っているアルファベットを選んでつけるのもいいでしょう。
選択の幅は驚くほど広くなるのですから、いろいろと悩んでしまうことになるでしょう。

選ぶポイントを考える

イヤリングの場合、ピアスとはまた違った選び方をしなければいけません。
ルイ・ヴィトンは、基本的にゴールドベースになりますので、他のアクセサリーもゴールド系を選んだほうがいいでしょう。
ばらばらにしてしまうと、統一感がなくなってしまうからです。
それでも変えたい場合には、ブレスレットなどにコンビネーションを持ってきたりすれば、浮かずに済むようになります。

普段はシルバーを付けている人でも、特別な日にはゴールドにしたほうがいいでしょう。
華やかさが違います。
気兼ねなくつけることができるのはシルバーですが、やはり印象に残るのはゴールドだからです。

イヤリングを探す場合には、重さにも注意したほうがいいでしょう。
特に長時間つけることがわかっているのであれば、あまり重いものは負担になりますし、落ちてきてしまうのです。
ルイ・ヴィトンのイヤリングの中にも、重いものがありますので、自分にあっているかどうかを考えて選んだほうがいいでしょう。

いろいろなシーンごとに種類を持っているほうが、イヤリングは使いやすいものです。
一つに絞ってしまうと、どうしても広がりがなくなりますので、ピアスをしてる人も考えてみるといいでしょう。

ルイ・ヴィトンの通販・買取りのセレブブランド

http://www.celeb-brand.com/

ルイ・ヴィトンの中でも隠れて人気なキーケース

ルイ・ヴィトンの売れ筋キーケース

実はよく売れているキーケース
ルイ・ヴィトンには、臂臑王に多くの商品があります。
その中には定番アイテムもありますし、売れ筋になっている商品もたくさんあるのです。
特に定番と呼ばれているのは、モノグラムやダミエのバッグでしょう。
日本では、本当によく財布も見ます。
モノグラムやダミエは、シンプルなデザインですから、飽きにくく長く使うことができるでしょう。
スピーディやキーポールなどのボストンバッグも多く見かけますが、こちらは機能性を重視しているということが挙げられます。
使い勝手がよく、一度購入すると長く使っていくことができるのです。
これらの定番アイテムが日本では目立つことから、あまり気がつきませんが、実はキーケースもかなりの売れ筋のラインになっています。

キーホルダーとキーケース

ルイ・ヴィトンの鍵収納アイテムは、キーホルダーもあります。
同じように見えますが違いは、キーホルダーは鍵を束にすることができるため、なくしにくいということがあるでしょう。
それに比べて、キーケースは収納できるためなくしにくいということがポイントになってくるのです。
いわば小さな財布のような感じといっていいでしょう。
収納できることからも鍵が取れにくく、ジャラジャラと音がするのも防ぐことができます。

ルイ・ヴィトンの中では、バッグ類はとにかく売れますし、だれもが理解できるところといえるでしょう。
誰しもが日常的に使うものということもありますし、ひとつのステータスとして広まった過去もあります。
しかし、キーケースを使うほど鍵は持たない世の中になりました。
車でもキーレスになって行っていることから、そこまで利用価値がないように見えます。
でも、これが売れ筋なのは、実は値段にあるのです。

人気の秘訣は価格にあり

ルイ・ヴィトンは、日本ではだれもが持つメーカーになりましたが、それでもやすいものではありません。
ところが、このキーケースはもっと安いアイテムでもあるのです。

実際に激安店や中古店の商品を考えると、コピー品ではないかと心配することもあるでしょう。
そんな点からも、なかなか購入できないという人でも、キーケースなら購入しやすい値段ですので、よく選ばれるのです。

実売価格を考えると、スピーディ30あたりでも8万円程度になるでしょう。
新作なら20万円ということもあります。
ところが、キーケースなら2万円程度で購入できる手軽さが人気を後押ししているのです。
こうしたおしゃれなキーケースなら、プレゼントだって喜ばれるでしょう。
だからこそ、売れ筋になっているのです。

ルイ・ヴィトンの通販・買取りのセレブブランド

http://www.celeb-brand.com/

ルイヴィトンだからこそ違うiPhoneケース

ルイ・ヴィトンにもあるiPhoneケース

今では携帯電話といえば、半数以上がスマートフォンとなりました。
その中でも圧倒的なシェアを誇るのがiPhoneでしょう。
好きか嫌いかということもありますが、iOSかAndroidにするのかしか現実には選択肢がなかったりもします。
そんな状況ではありますが、スマートフォンはその機能のため、強化ガラスでできていたりするでしょう。
どうしても衝撃で割れてしまう可能性があるため、ケースは必須となってきているのです。

ルイ・ヴィトンでも、iPhone用のケースが販売されています。
フォリオが専用のケースですが、いろいろなラインが用意されているため、自分にあったものを選ぶことができるのです。
バッグなどと合わせてみるのもいいでしょう。

特殊な固定方法にポイント

フォリオは、ちょっと特殊なケースになっています。
一般的にiPhoneケースというと、バンパー状の取り付け具がセットされており、そこにはめ込んで固定するものが多いでしょう。
ところが、ルイ・ヴィトンのiPhoneケースは、そういった取り付け具はありません。
そこにあるのは、特殊粘着シートなのです。
といっても、接着剤で固定するものではなく、バンカーリングと呼ばれるシートで、そのまま張り付けることができます。
簡単にはずれないように固定することができますので、ケースとしても活用しやすくなるのです。

もしも粘着力が弱くなってきても心配はいりません。
ケースが濡れないように、水洗いしたりすれば、繰り返し使えるものなのです。
長く使うケースとしても活用することができるでしょう。

iPhoneじゃなくてもサイズが合えば

iPhoneケースとしては、スリーブタイプも用意されています。
ソフトケースとして販売されているもので、すっぽりとはまりますので、壊したりすることもなくなるのです。
ラインとしても、モノグラムやダミエ、アズールなどもそろっていますので、自由に合わせることができるでしょう。

こうしたスリーブケースなら、iPhoneだけではなく他のスマートフォンでもサイズが合えば大丈夫です。
Android用としても使うことができるのです。

フォリオにしても、粘着面で固定するため、カメラホールさえ気にしなければ、ほとんどのタイプに使うことができるでしょう。
かなり大きなホールになっているため、左側についているタイプであれば問題はないでしょう。
なかなかケースを見つけることができない人も、ルイ・ヴィトンのiPhoneケースならきっとうまくいくことでしょう。

ルイ・ヴィトンの通販・買取りのセレブブランド

http://www.celeb-brand.com/

はっきりとわかりやすいルイヴィトンのアクセサリー

バッグだけじゃないラインナップ

バッグメーカーとして、日本人が大好きなのがルイ・ヴィトンでしょう。
多くの商品が日本には入ってきており、まるで見本市のようになっていることさえあります。
そんなルイ・ヴィトンも、バッグだけではありません。
ファッションブランドとして、LVMHグループの中枢でもあり、さまざまなアクセサリー類も販売しているのです。
どうしても、バッグなどに目が行きがちですが、トータル的に合わせてみるのもいいでしょう。

はっきりと認識できる

ルイ・ヴィトンのアクセサリーとして、やはり有名なところはブレスレットやネックレスでしょう。
LVマークをうまく用いたものが多数存在します。
中にはプレートネックレスのように、ルイ・ヴィトンの名前自体がダイヤなどの宝飾とともに美しくでき上がっているのです。

ネックレスもブレスレットも、総じてかなり主張がはっきりしています。
LVのモチーフも含めてですが、おとなしめのものではありません。
はっきりとわかるデザインが多いことから、普段使いをするとしても考えていかなければいけないでしょう。
それぐらい、ルイ・ヴィトンであることが前面に来ているものが多いのです。

使い方次第で広がるアクセサリー

すべてのルイ・ヴィトンのアクセサリーが派手であるというわけではありません。
カチューシャのセレテットスウィートモノグラムは、ルイ・ヴィトンの文字がモチーフになっており、おとなしいデザインになっているのです。
こうしたデザインのものも実は多く、ピアスでもそこまで主張していないものがあります。

たとえば、かなり派手なものでも、パンダンティフスウィートモノグラムなどは、非常に美しいデザインになっていますが、一見しただけではわかりません。
しかし、どのモチーフもモノグラフに使われているものであり、みる人が見ればわかるような、通なものになっているのです。

ルイ・ヴィトンのアクセサリーで忘れてはいけないのが、やはり時計であることも間違いないでしょう。
自力で作り上げている時計は、非常に素晴らしいデザインになっています。
値段に見合うだけの性能を持った時計ばかりで、数ある時計メーカーなどにも負けないだけの機能を持っているといえるでしょう。

ルイ・ヴィトンのアクセサリーは、どれも使い方がシンプルであると考えることができます。
汎用性はそこまでありませんが、いつどんなところで使ったらいいのか思いつけば、素晴らしいものになるのです。

ルイ・ヴィトンの通販・買取りのセレブブランド

http://www.celeb-brand.com/

ヴィトンのベーシックな時計としてステンレスを使ったタンブールと特殊な文字盤のヴォワイヤージュ

バッグだけではないヴィトンの世界

ルイ・ヴィトンというと、一般的な感覚からいえばバッグのメーカーでしょう。

財布なども作っていますが、実はトータルファッションメーカーなのです。

その中でも、かなり新しい試みが、時計になります。

 

2002年9月に発表したのが、初めての時計となったタンブールです。

とうとうヴィトンが時計にまで進出化と世界中に衝撃を与えることになるわけですが、かなりユニークなデザインが話題となりました。

このタンブールという名前は、フランス語で太鼓を意味する言葉であり、丸形で非常に厚みがあったのです。

 

タンブールの何が驚きといえば、そのデザイン性だけではありません。

ルイ・ヴィトンが自社製のムーヴメントの開発製造を目標としていたことでしょう。

2011年にタンブール ミニッツリピーターに自社製ムーヴメントを搭載し発表したことにより、ファッションメーカーが一貫生産できるということが世界中に衝撃となったのです。

 

旅を楽しむドライバーのためのヴォワイヤージュ

タンブールにもいろいろな種類が販売されるようになりましたが、直径44mmステンレススティールケースを使っているのが、クロノグラフ ヴォワイヤージュになります。

機械式のクロノグラフモデルで、文字盤が車のダッシュボードを参考にデザインされているのが特徴です。

旅を楽しむドライバーように開発されており、各所に車を感じさせるデザインが取り入れられているのです。

文字盤外周には、平均時速を計測するタキメーターメモリも装備されており、非常に高い性能を持っている時計となっています。

このタンブールのムーヴメントは、ルイ・ヴィトン製ではなく、クロノグラフを得意とするデュポア・デブラ社が専用に作ったものです。

 

デザイン性と高い性能の共存

デザイン性を高めたモノグラムもタンブールの一つの結論ともいえるでしょう。

バリエーションも豊かに展開しているだけではなく、他のモデルとは違い、ステンレスケースがわずかに沿っているのです。

こうしたデザイン性は、なかなか考えられない部分だったといえます。

文字盤も非常に見やすくなり、立体感が出ました。

ダイヤモンドを排しているモデルもあり、12の位置にLVのロゴが排してあるというのもルイ・ヴィトンらしいところになっているのです。

 

豪華なモデルも用意されており、トゥールビヨンまで搭載したモデルがあります。

機械式時計としての重力誤差を調節できる機構で、自動巻きに組み合わせるというレアな時計となっているだけではなく、ダイヤモンドをちりばめてあるのです。

見た目にも、性能でも高次元にまとめられているルイ・ヴィトンらしい使い勝手にも優れている時計といえるでしょう。

 

ルイ・ヴィトンの時計 通販・買取りならセレブブランドにお任せ下さい!

http://www.celeb-brand.com/

ヴィトンのモノグラムの長財布を代表するジッピーとポルトフォイユ

日本人に高い人気を誇るルイ・ヴィトンの長財布

ルイ・ヴィトンの長財布といえば、日本人に高い人気のアイテムといえるでしょう。

年齢を問わず使いやすいデザインが多くなっているところも大きなポイントです。

それに伴い、モノグラムになれば、だれがどこから見てもルイ・ヴィトンとわかるブランド製の高さも重要となります。

ステータス的な部分が強いことからも、日本人の好きなブランドであることは間違いないでしょう。

しかし、本当はブランド的な部分だけではなく、実用性の高い使いやすい長財布でもあるのです。

 

カバンにしか使わないポートフォリオとお金をとどめておくポルトフォイユ

ルイ・ヴィトンの長財布には、ポルトフォイユと呼ばれるモデルがあります。

フランス語ですので、日本人にはあまりなじみがない呼び方かもしれません。

このポルトフォイユは、英語に直すとポートフォリオという言葉になります。

カバンに対して使われる言葉ですが、その中でも三方開きの書類カバンを指しているのです。

 

これに対してポルトフォイユは、港を表すポルトと葉っぱを表すフォイユに分けることができます。

実はラテン語なのですが、この二つを合わせることでフランス語として使われているのです。

意味としては、葉っぱをお金と見立てており、それを止める港という言葉として使われています。

つまり、お金をとどめておく場所ということで、ポルトフォイユは財布に対してだけ使われるようになりました。

似た言葉ではあるのですが、意味合いの違いから使用用途が異なったりするのです。

こうしたところも、おしゃれにこだわり、個性にこだわるフランスらしいともいえるでしょう。

 

ジッピーにも負けない実用性と独特のデザイン

ルイ・ヴィトンの長財布には、モノグラムがよく似合うことは間違いありません。

その中でもポルトフォイユには、遊び心も込められたものがあったりするのです。

モノグラムをベースにしながらも、鮮やかなレザートリミングを組み合わせたものも出てきました。

機能的にも、ジッピー・ウォレットに負けないものであり、高い実用性を誇っています。

存在感ということを考えても、デザイン的に趣向を凝らせるポルトフォイユは、面白いものになりやすいともいえるでしょう。

 

ですが、何も派手なものばかりではありません。

ジッピー以上に落ち着いた雰囲気にも作ることができるのですから、バリエーションも豊富なのがポルトフォイユともいえるでしょう。

 

ルイ・ヴィトンの通販・買取りならセレブブランドにお任せ下さい!

http://www.celeb-brand.com/

ヴィトンのアクセサリーで装いに変化を

【バッグだけではないヴィトンのアクセサリー】

色々なファッションメーカーがありますが、ヴィトンというとバッグのイメージが強くあるでしょう。

特別に加工した素材を使い、耐久性に優れたバッグは、世界中で人気があります。

もともと、旅行鞄専門店からスタートしたヴィトンは、防水性能が高く、気密性高いことから、どんなバッグにしても中身を安全に持って歩くことができるのは、ビジネス向きでもあるでしょう。

 

どうしてもバッグが先行してしまいますが、トータル的なファッションを提供しているメーカーでもあり、アパレルやアクセサリーも手掛けています。

特にアクセサリーは独特のデザインを持っており、ほかのメーカーとも明らかに違いが分かるものになっているのです。

 

【さりげなく使うことができるリング】

アクセサリーという事で人気があるのがリングです。

メンズ、レディースともに販売されていますが、あまり多く作るわけではないため、完売してしまうことも多くなっています。

 

メンズのリングは、シンプルなデザインが中心です。

ヴィトンというイメージを前面に出すよりも、さりげないデザインになっているのが特徴でしょう。

バーグ・シャンゼリゼは、あっという間に完売してしまったリングの一つです。

モノグラムが彫り込まれていますが、つけてみるとそこまで目立つこともなく、上品な印象をもたらしてくれます。

シルバーで作られていますので、太いリングではありますが、きつくなってしまうこともないでしょう。

 

レディースのリングでは、2本のリングがセットになっているものもあります。

1本にすればさりげなくつけることができ、2本まとめるとかなり前面にみせることができますので、その時の装いに合わせることができるのです。

ダイヤも使われていますので、きらりと光る感じは、バッグを引き立ててくれるでしょう。

 

【遊び心も強いアクセサリー】

ヴィトンのアクセサリーで、意外と数が多いのはヘアアクセサリーです。

日本の影響を強く受けたといわれるヴィトンですので、かんざしのようなヘアアクセサリーもあります。

ヘアピンにはなっていますが、モチーフが先端につけられており、かつて使われていたかんざしのようなデザインバランスになっているのです。

 

ちょっと変わったところでは、クマのブローチがあります。

ダミエとモノグラムでデザインされており、見た瞬間にヴィトンとわかりますが、かなりキュートな形になっているのです。

使い方次第では、大人すぎる感じをフェミニンに引き戻すこともできます。

 

ヴィトンにはいろいろなアクセサリーがありますので、場によって変えてみるのも楽しいでしょう。