Archives

世界的巨大グループの中枢を担うルイ・ヴィトンの力

巨大企業のルイ・ヴィトン

ルイ・ヴィトンといえば、日本人ならだれしもが知っているブランドでしょう。
世界的に見てもトップのファッションブランドであることは間違いありません。
モノグラムは、人ごみをみていれば確実に目にすることになるはずです。
その名前やデザイン方法、歴史なども知らなくても、ルイ・ヴィトンの名前とともに焼き付いていることでしょう。

ルイ・ヴィトンは、今では正確に言うとモエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトンというグループ化をしています。
LVMHと略されることがありますが、その中核企業がルイ・ヴィトンなのです。
LVMHには、フェンディやセリーヌ、マーク・ジェイコブス、ディオールやブルガリも傘下に収めており、タグ・ホイヤーやウブロなどの時計メーカー、モエ・エ・シャンドンやドン・ペリニヨンという世界でも名が知られたワインブランドも収めています。
巨大なファッショングループという枠を超えた、複合グループになっているのです。
増減は当然あるとしても、年商1000億円は確実に超えてくる巨大企業であり、他のブランドと比較しても、倍以上の売り上げを持っていたりします。
それぐらい、圧倒的なシェアを持っているラグジュアリーブランドであるといえるでしょう。

独特のマーケティング戦略

ルイ・ヴィトンは、LVMHの名前にも使われている中核企業ですが、マーケティングに優れたブランドとして知られています。
とことんまでこだわった作品を作り上げ、絶対的な品質を維持するためにどうするのかということを考えてモノづくりをしているのです。

価格は決して安くありません。
ですが、ブランドイメージは、ある程度の価格がなければ維持することはできず、価値から相対的に価格を出すという方法をとっているのです。
シンプルな考え方ですが、バランスがとれているからこそ、人気が伴うといっていいでしょう。

流通という面では、限られた空間だけで販売しています。
安易な安売りをさせないことで、信頼感を高めているのです。
これがステータスということにもつながるのですから、流通を支配することは大きな意味があるといっていいでしょう。

ルイ・ヴィトンのプロモーションと成功

商品プロモーションとしても、ひとつ先を見ています。
ルイ・ヴィトンにCMというものはありません。
テレビにはない代わりに、雑誌や新聞には広告があるのです。
そこに映し出されているのは、ルイ・ヴィトンの商品ではなく、あくまでもイメージを構築するだけの洗練されたものだということがポイントといえます。

こうしたイメージを作りだし、あこがれの存在とすることで、ルイ・ヴィトンは成功して行ったといっていいでしょう。

ルイ・ヴィトンの通販・買取りのセレブブランド

http://www.celeb-brand.com/

ルイ・ヴィトンの店舗はなぜ一等地にしかないのか

正規品を購入することができる直営店

ルイ・ヴィトンの店舗ということを考えた場合、直営ショップと百貨店などに入っている店舗が基本です。
正規品を購入しようと思った場合には、こうした場所でしか買えないということになるでしょう。
ブランド品のリサイクルショップや並行輸入業者でも、正規品を購入することはできます。
オンラインでの販売も増えてきましたが、本来持っている販路とは違うものなのです。

ルイ・ヴィトンの場合、自社で管理できる流通網以外では販売をしないということがポリシーになっています。
通常ブランド品などでも、多チャンネル化を進めることは、販売戦略として間違っていません。
様々な流通網があれば、それだけ販売量を増やすことができるからです。
ですが、ルイ・ヴィトンのブランドポリシーは、販路を限定することにより、顧客に対して安心感と信頼感を与えることになっているといえるでしょう。

戦略からはじき出された計算された大型店舗

日本での直営店というと、表参道にある超巨大フラッグシップショップでしょう。
ルイ・ヴィトンにおけるさまざまな製品を取り扱っており、世界的に見ても、その存在感は圧倒的です。
日本に力を入れている、ルイ・ヴィトンの姿勢が見て取れます。
他にも店舗を見てみると、銀座店や名古屋駅、大阪心斎橋など主要都市の一等地にあることがわかるでしょう。
それも見な大型の路面店であり、露出を拡大を重視している姿勢がわかります。
ラグジュアリーブランドとして、日本でのイメージ戦略も重要視しているのです。

ブランドイメージの浸透にも力を入れており、路面から見ても魅力的なルイ・ヴィトンとして印象付けられるように考えられています。
それぞれの町並みに合うようにも考えられているのは、世界的に有名な建築家を擁し、デザインを進めているからともいえるでしょう。

通信販売を考えるならカタログを手に

全国の主要都市に店舗はありますが、こうした都市に行くことができない人もいるでしょう。
そういった人のために、ルイ・ヴィトンは、毎年カタログを制作しています。
有料ですが、その内容はかなりのボリュームであり、見ているだけでも楽しくなるほどです。
それもそのはず、このカタログだけでも人気であり、完売してしまうほどのものになっています。

店舗に行くことができない場合には、こうしたカタログを手に、通信販売などを考えてみるといいでしょう。
それぐらい、正確で膨大な情報が載っているのです。

ルイ・ヴィトンの通販・買取りのセレブブランド

http://www.celeb-brand.com/

変革の時期に現れたマーク・ジェイコブスとルイ・ヴィトンの変化

ルイ・ヴィトンに変化を与えたマーク・ジェイコブス

ブランドは世界中にいろいろとありますが、その陰にはデザイナーの力があることを忘れてはいけません。
そのデザイナーの力によって、ブランドはさまざまな形に変えて永らえていくことになるのです。

ルイ・ヴィトンを見てみると、モノグラムやダミエとかなり変化してきたことがわかるでしょう。
伝統を重んじ、落ち着いた色合いの商品が多くラインナップされていましたが、近年はカラフルな色合いのものが多くなりました。
この背景には、ルイ・ヴィトンとマーク・ジェイコブスという関係があるからです。
チーフデザイナーがマーク・ジェイコブスだった時期にかなりの変化を見せました。
彼とルイ・ヴィトンというブランドの出会いが、新しいルイ・ヴィトンを生み出したといっていいでしょう。

マルチカラーと村上龍

マーク・ジェイコブスといえば、村上龍と交流があったことでも知られています。
日本に非常に興味があったといわれているマーク・ジェイコブスは、世界観が近いと思っていた村上龍とコラボすることになるのです。
ルイ・ヴィトンというブランドから考えると、日本という存在はとても重要です。
モノグラムもダミエも日本の家紋や市松模様がモチーフとされています。
さらに、主要市場は日本であることもまた間違いありません。
そこで、コラボレーション企画を立ち上げていくことになるのです。

そして、そこから生まれてくるのが、実はマルチカラーだと知ると、かなりの人が驚くことでしょう。

最近よく目にするようにもなったマルチカラーは、マーク・ジェイコブスと村上隆企画し、2003年に登場します。
伝統的で落ち着いたモノグラムから一転し、カラフルで革新的なのがマルチカラーといっていいでしょう。
あまりの斬新さと色使いい、これはルイ・ヴィトン製品ではないとまで言われたこともありました。
実際に本社に問い合わせた県も非常に多く、それまでの概念を打ち崩す存在となったのです。

もちろん、こうした奇抜な発想には否定的な意見も数多くありました。
しかし、結果を見てみれば、マーク・ジェイコブスの仕掛けた戦略は、ルイ・ヴィトンをさらなる高みに引き上げていったのです。

落ち着いたカラーならブラックベースを

このマルチカラーには、ホワイトベースが主流ではあるものの、ブラックベースもあります。
落ち着いたカラーリングとしては、ブラックベースのほうが向いているでしょう。
ちょっと妖艶さもあるデザインは、その後のマーク・ジェイコブスを見ているようでもあるはずです。

ルイ・ヴィトンの通販・買取りのセレブブランド

http://www.celeb-brand.com/

ルイ・ヴィトンを知っていてもブランドとしてのルイ・ヴィトンは知ってる?

日本人の大好きなルイ・ヴィトン

日本人が大好きなブランドとして知られているのがルイ・ヴィトンでしょう。
街を歩けばどころか、スーパーに買い物に行っても、持っている人を目にします。
恐らく日本人でルイ・ヴィトンを知らない大人はいないといっても過言ではないでしょう。
それ程多くの人が愛用しているブランドとなりました。

日本人の傾向を見てみると、鞄や財布といったところが多いでしょう。
そもそも日本人のブランド好き世界でも知られており、これほど大きな市場はないとみられているのです。
それも、さまざまなセレブたちが持っているのではなく、庶民レベルまで浸透しているのですから、大きな驚きでしょう。
ヨーロッパではまずみられない光景です。
ですが、日本で見られるラインは、ほとんどがモノグラムやダミエであることも気がつくでしょう。
見た目ですぐにルイ・ヴィトンとわかるものが多くなっていますが、本当はもっと多くのラインが存在し、見た目ではわからないようなものまでたくさんあるのです。

ルイ・ヴィトンを知っていても知らない人が多いということ

日本では、ルイ・ヴィトンを知らない大人はいないともいえますが、どんなブランドなのか説明できる人はほとんどいません。
多くのブランドを見てみると、ブランドネームが創始者の名前になっていることがわかるでしょう。
ルイ・ヴィトンも同様で1821年生まれ1892年没のルイ・ヴィトンが創設したブランドです。
ルイ・ヴィトンは当初は鞄職人だったことからスタートしました。

ルイ・ヴィトンの人気を支えている部分に、頑丈な事ということがあるでしょう。
鞄職人だったわけですが、ブランドが出来上がる前から貴族や王族などにオーダーカバンを作っていたのです。
それも、旅行用のトランクなどですので、非常に頑丈に作らなければなりませんでした。
その腕が認められ、イギリスで評判となって人気となって行くのです。

ルイ・ヴィトンの模造との戦いと日本上陸

今ではコピーや模倣品と闘っているルイ・ヴィトンは、このころから模倣されていたといわれています。
そこで、ブランドの確立を目指すこととなり、ルイ・ヴィトンのイメージとなる模様を考えだし作られるのが、ダミエだったのです。
ルイ・ヴィトンの最初のラインであり、一時模倣に悩み中断されてはいましたが、今では復刻版として製造されています。

日本がバブル景気だったころ、ルイ・ヴィトンも進出してきました。
ブランドイメージがはっきりしているルイ・ヴィトンは、景気の後押しもあり爆発的なブームを巻き起こしました。
その後、バブル景気が去った後もルイ・ヴィトン人気は去ることなく、根強い人気を保ち続けたのです。

ルイ・ヴィトンの通販・買取りのセレブブランド

http://www.celeb-brand.com/

簡単に手に入れることができるからこそヴィトンのキーケースやカードケースには要注意

【手に入れやすい価格帯のキーケースやカードケース】

ヴィトンといえば、日本人に大人気のブランドであることは間違いありません。

ですが、安いものではなく、簡単に手に入れられる値段でもないのは確かでしょう。

そこで、少しでもブランドのステータスを味わうために、小物を使ってみたいという人も少なくありません。

実際に使ってみると、高い耐久性を誇るヴィトンですので、長く使うことができることに驚くはずです。

 

耐久性という面で、キーケースやカードケースは使いやすいアイテムになっています。

使用頻度が高く、出し入れも多いキーケースですので、ヴィトンの誇る耐久性との相性は抜群です。

値段的にも、手に入らない価格ではないことから、愛用している人も多いでしょう。

それだけに、落とし穴もあることは覚えておくべきです。

 

【模造品のターゲットになりやすいので注意】

ヴィトンの製品は、世界中から人気があります。

セレブのみならず、誰もが一度は持ってみたいと思うブランドです。

そこを狙ってきているのが、模造品の存在でしょう。

高すぎて手に入れることができない、そう考えているときに、限りなく本物に近く1/10程度で手に入るものがあれば、誰でも手を伸ばしてみたいと思うはずです。

しかし、質の高い素材と熟練の職人が必要となるバッグの生産が、そんなに安くなることはありません。

 

キーケースやカードケースなども、複製品が多いことで知られています。

簡単に生産することができる構造だからということもありますが、中古品などで手に入れようと考えた場合には、十分注意する必要があるのです。

現在の模造品は、驚くほどの精度で簡単には識別ができないものも多くなりました。

基本となるのは、ホック部分の雄金具の先端が、とがっているという見方があります。

キーケースやカードケースでも使われているため、簡単な識別方法ですが、精巧なものになればこれも真似されていることがあるのです。

大事な逸品として購入する場合には、信頼できるショップで重々注意して選ぶことが大切でしょう。

 

【目立つのならヴェルニのキーケース】

ヴィトンのキーケースやカードケースには、モノグラムやダミエが有名です。

バッグのデザインに合わせて使うことができますので、カラーも考えておくといいでしょう。

定番品ですので、かなり手に入れやすいのも特徴になっています。

 

ほかにも、ヴェルニのキーケースもいいでしょう。

つやのある素材を使っていますので、男性よりもバッグを持って歩く女性向きです。

希少性が高いことから、ほかの人とは同じものは嫌だという人にも向いているキーケースです。

旅行鞄が基礎になっているからこそ収納力の高いヴィトンのバッグたち

【旅行鞄専門店から生まれたバッグ】

1854年パリで生まれたヴィトンは、日本ではあまり知られていませんが世界初の旅行鞄専門店です。

今でもトラベルグッズを専門に扱っていたりします。

数あるブランドの中でも、王様と呼ばれるほど人気がありますが、本国のフランスやヨーロッパ各国でも人気が高く、他のメーカーを引き離しているといってもいいでしょう。

その中でも、日本の人気は絶大で、特にバッグは誰もが手にしたいと考えるほどです。

 

ヴィトンを代表するといってもいいバッグは、完成度が高いからこそ人気があります。

旅行鞄専門店ですので、高い耐久性を持っているのにもかかわらず、軽く防水加工もされているのがヴィトンの特徴です。

見た目にも美しいモノグラムやダミエに目が行きがちですが、実用性が高いからこそ世界でも認められるブランドになっています。

決して見かけ倒しのブランドではありません。

 

【軽量だけど高い耐久性が特徴】

ヴィトンのバッグは、非常に軽いことでも知られています。

もともとは、水に浮くほどの水密性を持っていましたが、そこまで軽いバッグではありませんでした。

それが、水密性を少し犠牲にした代り、一般的なレザーよりはるかに軽いキャンバス地を使い、軽量なバッグを作るようになったのです。

それでも、使えば使うほど味が出るようになり、長く愛用していくことができるだけの耐久性は失っていません。

この両立は、ヴィトンの技術の高さの証明となっているのです。

 

モノグラムやダミエという点に目が行きますが、とても数多い商品ラインを持っています。

シャネルのようなトータルファッションとは違いますが、どんな場面でもヴィトンを選択することができるほど、多くのバッグやポーチを発表しているのです。

バッグのメーカーではありますが、マルチブランドに近い形を持っているともいえるでしょう。

 

【旅行鞄が基礎となっているヴィトンのバッグ】

ヴィトンのバッグで人気が高いのはスピーディでしょう。

モノグラム・キャンバスラインになりますが、オードリー・ヘップバーンの愛用品としても知られています。

旅行用のバッグとして使うことができるサイズから、ミニと呼ばれる財布代わりになるものまで、さまざまな大きさで展開しています。

日本人の体格にも合うようなサイズがありますので、人気が高いのです。

 

かわいいデザインを持っているのが、パピヨンでしょう。

1966年発表のモデルですので、かなり古くからあります。

蝶々という名前から想像できるように、かわいらしいラインですが、円筒形の形はかなりの収納力を兼ね備えています。

多くのバッグメーカーが販売している形になりましたが、元祖はヴィトンなのです。

Hello world!

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !